[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Microsoft Access

pointこの用語のポイント

pointデータベースソフトだよ

pointマイクロソフトさんが作ったよ

pointMicrosoft Office製品のひとつだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Microsoft Accessとは

「Microsoft Office」と呼ばれる製品のひとつ
であり

マイクロソフトさんが作ったデータベースのソフト
です。

image piyo

詳しく書くよ

今更な気がしてずっと放置していたのですが、IT用語辞典を名乗っている以上、取り上げておかないとマズい気もしてきました。
というわけで、さらっと書いておきます。

Microsoft Officeは「マイクロソフトさんが作った、事務仕事を中心にビジネスの様々なシーンで活躍するらしい便利なソフトたち」ね。

Microsoft Access

データベースは「データを入れておく箱」です。
突っ込んで考えると混乱するかもしれません。
何となくのフィーリングで理解してください。

Microsoft Access2

以上を踏まえて、Microsoft Office製品のひとつで、マイクロソフトさんが作ったデータベースのソフトが「Microsoft Access」です。

Microsoft Access3

一般的には「Microsoft」の部分を省略して「Access(アクセス)」と呼ばれます。
文字で書く場合は、アルファベットで「Access」と書く人が多いと思いますが、カタカナで「アクセス」と書く人もいます。
個人的には、ちょっかい出しに行くことを意味する「アクセス」と紛らわしいので「Access」と先頭を大文字にしたアルファベットで書くようにしています。

Accessの実行ファイルプログラムファイル)は「MSACCESS.EXE」です。
私の環境(Windows 7 64bit+Microsoft Office 2010)では以下の場所にありました。

%ProgramFiles%\Microsoft Office\Office14\MSACCESS.EXE

「Office14」の「14」の部分は、Officeのバージョンによって違います。
数字は、Office 2003であれば「11」、Office 2007であれば「12」、Office 2010であれば「14」、Office 2013であれば「15」となっているはずです。
さらに新しいバージョンのOfficeが発売されれば、この部分の数字も増えていくでしょう。

Accessファイルの拡張子(ファイルの種類を表す目印)は、Access以前では「.mdb」、Access以降では「.accdb」が一般的です。
他にもいくつかありますが、あまり気にする必要はありません。

パッと思い浮かぶAccessさんの説明としては、そんなところでしょうか。
他に何か思いついたら、追記します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Microsoft Access」って単語が出てきたら「マイクロソフトさんが作ったデータベースのソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク