[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

リンク (link)

pointこの用語のポイント

point点と点をつなぐ線の部分だよ

pointもしくは、ハイパーリンクの省略表現だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

リンク (link)とは

点と線で構成図を書いたときの線の部分(点と点をつなぐ部分)のこと。
あるいは

「ハイパーリンク」の省略表現
です。

image piyo

詳しく書くよ

ものすごい大雑把に説明すると「何かと何かをつないでいる何か」が「リンク」です。

例えば、そうですね。

[パソコン]―[ルータ]―[サーバ]

な構成のネットワークがあったとしましょう。

このネットワークの構成図を書くと、以下のようになります。

リンク

さらに、これを点と線のみで簡略化して書くと、以下のようになります。
それぞれの機器が丸で、機器同士をつないでいるケーブルが線です。

リンク2

この簡略化した図における点と点をつないでいる部分、つまり、線の部分がリンクです。

リンク3

実は、線の部分は「エッジ」と呼ばれることが多いですけどね。
「つないでいる」という点に着目すると「リンク」と呼べるのでしょう。

基本的には「つなぐ」や「つないでいるもの」あるいは「つないだもの」と読み替えれば、意味をつかめるはずです。
「○○と××をリンクする」と出てきたら「○○と××をつなぐ」と読み替えてください。
「○○と××のリンク」であれば「○○と××をつないでいるもの」あるいは「○○と××をつないだもの」です。

これが本来の意味のリンクです。

あとは「ハイパーリンク」を省略して「リンク」と呼ぶこともあります。

ハイパーリンクは「ホームページとかにくっついている、ポチっと押すと別のページに移動する仕組み」です。
あなたもホームページを見るときにポチポチ押しているはずです。

リンク4

みなさんが「リンク」という表現を見かけるのは、ホームページの話が多いと思います。
ホームページ関連で出てくる「リンク」は、ほぼ間違いなく「ハイパーリンク」の省略表現です。

ハイパーリンクもリンクの仲間ですけどね。
つなぐ対象がホームページなリンクがハイパーリンクです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「リンク」って単語が出てきたら「何かと何かをつないでいるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク