[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Microsoft PowerPoint

pointこの用語のポイント

pointプレゼンテーション用の資料作成ソフトだよ

pointマイクロソフトさんが作ったよ

pointMicrosoft Office製品のひとつだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Microsoft PowerPointとは

「Microsoft Office」と呼ばれる製品のひとつ
であり

マイクロソフトさんが作ったプレゼンテーション用の資料作成ソフト
です。

image piyo

詳しく書くよ

今更な気がしてずっと放置していたのですが、IT用語辞典を名乗っている以上、取り上げておかないとマズい気もしてきました。
というわけで、さらっと書いておきます。

Microsoft Officeは「マイクロソフトさんが作った、事務仕事を中心にビジネスの様々なシーンで活躍するらしい便利なソフトたち」ね。

Microsoft PowerPoint

このMicrosoft Office製品のひとつで、マイクロソフトさんが作ったプレゼンテーション用の資料作成ソフトが「Microsoft PowerPoint」です。

Microsoft PowerPoint2

一般的には「Microsoft」の部分を省略して「PowerPoint(パワーポイント)」と呼ばれます。
あるいは「パワーポイント」を、さらに省略して「パワポ」です。
文字で書く場合は、アルファベットで「PowerPoint」と書いたり、カタカナで「パワーポイントパワポ)」と書いたりします。

なお「パワーポイン『タ』」では、ありません。
最後は「タ」ではなく「ト」です。
ご注意ください。

Microsoft PowerPoint3

PowerPointの実行ファイルプログラムファイル)は「POWERPNT.EXE」です。
私の環境(Windows 7 64bit+Microsoft Office 2010)では以下の場所にありました。

%ProgramFiles%\Microsoft Office\Office14\POWERPNT.EXE

「Office14」の「14」の部分は、Officeのバージョンによって違います。
数字は、Office 2003であれば「11」、Office 2007であれば「12」、Office 2010であれば「14」、Office 2013であれば「15」となっているはずです。
さらに新しいバージョンのOfficeが発売されれば、この部分の数字も増えていくでしょう。

PowerPointファイルの拡張子(ファイルの種類を表す目印)は、PowerPoint2003以前では「.ppt」、PowerPoint2007以降では「.pptx」と「.pptm」が一般的です。
他にもいくつかありますが、登場する機会は多くないでしょう。

PowerPointさんは、基本的にパソコンさんの中に入れて使います。
ただし「Microsoft Office関連製品をインターネット越しに使わせてやるよサービス」である「Office 365」においては「Office Online(のひとつであるPowerPoint Online)」という形でも提供されています。
PowerPoint Onlineは普通のPowerPointさんと比べて機能が制限されていますが、Webブラウザホームページを見るときに使うソフト)さえあればPowerPointファイルを見たり編集したりできるのがウリです。

パッと思い浮かぶPowerPointさんの説明としては、そんなところでしょうか。
他に何か思いついたら、追記します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Microsoft PowerPoint」って単語が出てきたら「マイクロソフトさんが作ったプレゼンテーション用の資料作成ソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク