[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Office 365 ProPlus

pointこの用語のポイント

pointWordとかExcelとかを使っていーよ、な権利だよ

pointOffice 365製品の一つだよ

point買って使うのではなく、借りて使うイメージだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Office 365 ProPlusとは

Office 365製品の一つとして提供されている、WordとかExcelとかのOffice製品を使っていーよ、な権利のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

Office 365は「マイクロソフトさんの提供している、Microsoft Officeをインターネット越しに使わせてやるよサービス」ね。
WordExcelをはじめとした、いわゆる「Microsoft Office」に分類される製品たちを、ソフトとして買ってパソコンに入れて使うのではなく、サービスとして借りてインターネット経由で利用する形態のサービスです。

Office 365に分類される製品はExchange OnlineOffice Onlineなどいくつかありますが、その中の一つで「普通のOffice製品を使っていーよ」な権利が「Office 365 ProPlus」です。
Office 365の製品は基本的にインターネットを経由して使うものばかりですが、そうではなく、ソフトをパソコンに入れて使うことができます。

Office 365 ProPlus

「ん?それって、普通のOffice製品と何が違うの?」と思う人もいるでしょう。
やれることは一緒です。
ただし、仕組みが異なります。

普通のOffice製品は、ソフトを買ってきてパソコンの中に入れて使います。
ソフトの料金に「使っていーよ」な権利の購入料金が含まれています。
特別な場合を除いて、ソフト1つにつきパソコン1台にしか入れることはできません。
その代わり、一度買ってしまえば、ずーっと使えます。

それに対し、Office 365はソフトの利用権を買うイメージです。
使用料は月額制で、ソフトを買うお金というよりは利用料に近いでしょう。
この利用権はパソコンさんではなく、使う人に対して与えられます。
使う人が同じであれば、最大15台(2015年5月現在)までのパソコンに入れることができます。
わー、太っ腹ですね(棒読み)。
その代わり、料金を払わなければ、使えなくなります。
ソフトを買ったわけではありませんからね。
あくまで、一定期間の使う権利を買っているのです。

Office 365 ProPlusの使用感覚は普通のOffice製品とほとんど同じです。
ソフトをダウンロードしてきてパソコンに入れて使いますからね。
インターネットにつながっていない環境でも使えます。

ただし、Office 365 ProPlusのOffice製品は、定期的に「こいつ、お金払ってる?」のチェックを行います。
ソフトを入れたときから15日周期で「この人は利用料を払ってる?まだ使わせておいて良いの?」を本部に問い合わせるのです。
この本部に問い合わせるために、定期的にインターネットに接続する必要があります。
あまり長期間インターネットに接続しないと「おい!おまえが金払ってるかチェックできねーじゃねーか!使えなくすっぞ!ゴルァ!」と文句を言い始めます。
Office 365 ProPlusのOffice製品は、あなたに買われてパソコンの中に住んでいるわけではありません。
長期間の出張サービスに来ているだけであり、金の切れ目が縁の切れ目です。

「月額利用料を払えば、常に最新版のOfficeを使える」と解釈すれば、便利でしょうね。
「買ったわけではなく、借りているだけ。常に監視されているようなもの」と解釈すると、ちょっとイヤかもしれません。

ここまでの説明でOffice 365 ProPlusが何かよく分からなければ「従来とは販売方法の異なるWordとかExcelとか」くらいに解釈してください。
やれることは普通のWordとかExcelと同じです。
ただ、Microsoftさんのお金儲けのやり方が変わっただけです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Office 365 ProPlus」って単語が出てきたら「WordとかExcelとかを使っていーよ、な権利なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク