[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

SharePoint

pointこの用語のポイント

point私もよく分かっていないので、このページの説明はかなり適当だよ

pointもともとは文書ファイルを共有するためのソフトっぽいよ

pointなんかいろいろな機能がくっついてるよ

pointマイクロソフトさんが作ったよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

SharePointとは

Microsoftさんの作った、文書ファイルをWeb経由で共有して扱うためのソフト……だと思うけど、他にもいろいろな機能がくっついていて、結局何のソフトなのかいまいちよく分からないソフト
です。

image piyo

詳しく書くよ

最初に言っておきます。
私はSharePointを使ったことがないので、ぶっちゃけ、よく分かりません。

もともとは、文書ファイルをみんなで一緒に使えるようにする、情報共有目的のソフトだったっぽいですけどね。
マイクロソフトさんの企業文化なのでしょうか。
「あれも付けちゃえ」「これも付けちゃえ」が発揮されたらしく、なんかいろいろと機能がくっついていて、全体として何のソフトなのかよく分かりませんでした。

お仕事における情報共有を目的として導入するソフトだというのは理解できましたが「それで、具体的に何ができるの?」と訊かれたら「なんかいろいろできるみたいよ」と答えると思います。

よく分かってなくてごめんなさいね。
製品とかサービスなんかの固有名詞っぽい用語の説明は、いまいち頑張って調べる気になれないのです。

1.その製品なりサービスなりを提供しているところが出している情報が一番正確で丁寧なのは確実なので、今更書くことが思い浮かばない
2.その製品なりサービスなりを提供しているところから「適当な説明するんじゃねー!」と怒られるかもしれないから、できれば取り上げたくない
3.一般名詞化している用語に比べてコンテンツとしての寿命が短いので(その製品なりサービスなりが終わったら調べる人も激減するだろうから)、時間を割くのが惜しい


というのが、その理由です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「SharePoint」って単語が出てきたら「マイクロソフトさんの作った、情報共有に関するあれやこれやがあれやこれやなソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク