[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Exchange Online

pointこの用語のポイント

pointメールサーバでありグループウェアでもあるよ

pointマイクロソフトさんが作ったよ

pointインターネット越しに使わせてやるよ版だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Exchange Onlineとは

Exchange Serverのインターネット越しに使わせてやるよ版。
つまり

Microsoftさんの作ったサーバ用のソフトで、メールサーバとグループウェアが合体したみたいなもの……をインターネット越しに使えるようにしてあげたよ版
です。

image piyo

詳しく書くよ

Exchange Serverは「マイクロソフトさんが作ったメールサーバソフト……なんだけど、スケジュール管理とかもできるからグループウェアっても呼べるね、なソフト」ね。

メールサーバは「メールに関するあれやこれやの機能を提供してくれるサーバさん」です。

Exchange Online

ついでに、サーバは「サービスや機能を提供する側のコンピュータさん」です。

Exchange Online2

あと、グループウェアは「スケジュールとかの情報を共有するためのソフト」です。

要は、なんかいろいろ余計な機能が付いたメールに関するソフトってことですよ。
Exchange Serverの詳細はマイクロソフトさんのホームページでお勉強してください。

ここまでを踏まえて「Exchange Serverっぽい機能をインターネット越しに使わせてやるぜ~」なマイクロソフトさんが提供するサービスが「Exchange Online」です。
私はあまり使わない表現ですが、専門用語っぽい響きの方が分かりやすい人は「Exchange Serverのクラウド版」と解釈すれば良いと思います。

要するに、マイクロソフトさんがExchange Serverを使える環境を用意して「ほーら、使っていいよ~」と貸してくれるのです。
ですから、自分たちでえっちらおっちらとサーバを用意し、その中にExchange Serverをぎゅーぎゅー詰め込む、といった面倒くさい手順が必要ありません。
インターネットが使える環境さえあれば、すぐにExchange Serverっぽい機能を使えるようになるのです。

わー、便利ですねー(棒読み)。

なお、使用料は月額いくらとか年額いくらとかです。
そして、使う人の数によってお値段が変わります。

Exchange Serverを、買うのではなく、借りるイメージですね。
住むところに例えると、マンションを買うのがExchange Server、賃貸で済ませるのがExchange Onlineのイメージです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Exchange Online」って単語が出てきたら「マイクロソフトさんが作った、メールサーバとグループウェアが合体したようなソフトの、インターネット越しに使わせてやるぜ版なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク