[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

自社サーバ

pointこの用語のポイント

pointサーバ(サービスを提供するコンピュータ)だよ

point自分たちで所有しているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

自社サーバとは

自分の会社で所有しているサーバ(サービスを提供するコンピュータ)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「サーバ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

サーバは「サービスや機能を提供する側のコンピュータ」です。
「○○サーバ」と出てきたら「○○関連のサービスを提供しているコンピュータ」と読み替えてください。
よく分からない人は、単に「コンピュータ」と読み替えてしまっても構いません。
それでも、ある程度の意味は掴めるはずです。

自社サーバ

一般的に「サーバ」と呼ばれるコンピュータには

ホームページ関連のあれこれをするコンピュータ(Webサーバ
メール関連のあれこれをするコンピュータ(メールサーバ
ファイル置き場として使われるコンピュータ(ファイルサーバ


など、いくつかの種類があります。

以上を踏まえて、自分の会社で所有しているサーバが「自社サーバ」です。

自社サーバ2

自社サーバは、自分の会社の敷地内に置いていることが多いです。

自社サーバ3

なお、自分の会社で所有していない、借り物のサーバは「レンタルサーバ」と言います。
ついでなので、併せて覚えてあげてください。
レンタルサーバは、データセンターなどに置いてあって、インターネットを通して使う形態が多いです。

自社サーバ4

話を自社サーバに戻します。

自社サーバのメリットは、一言で言えば「柔軟性」と「自由度」です。
何てったって、自分たちの持ち物ですからね。
何をするのも自分たちの自由です。

一方のデメリットは、維持管理のコストでしょう。
サーバというのは、基本的に24時間365日、動かしっぱなしです。
止まったら速やかに復旧することが求められます。
そのため、サーバを維持管理するためには、それなりの知識を持った人が、複数人必要になります。
管理する立場になってしまった人は大変ですね。

あと、メリットともデメリットとも言えない点に「情報の安全性」が挙げられます。
情報の安全性が自社サーバとレンタルサーバでどちらが上かについては、考え方次第です。

例えば、あなたがひょんなきっかけで大金を手に入れたとしましょう。
あなたは、この大金を「手元に置いておいた方が安全」と考える性格でしょうか。
それとも「銀行に預けてしまった方が安全」と考える性格でしょうか。

それと同じです。

「手元に置いておいた方が安全」と考える人は「他人なんて信じてねーぜ!」な人です。
情報の安全性についても、自分の手の届く範囲にある自社サーバの方が安全と考えるでしょう。

一方「銀行に預けてしまった方が安全」と考える人は「専門家に任せた方が良い!」と考える人です。
ある程度の管理を専門家であるレンタルサーバ会社さんが行ってくれる、レンタルサーバの方が安全に感じるはずです。

そんな考え方の違いもあります。
自社サーバとレンタルサーバでどちらが安全かは、一概に言えないと思います。

あとは、そうですね。

私の解釈ですが、自社サーバかどうかの基準は「どこが所有しているか」です。
自分の持ち物であれば、自社サーバです。
自分の持ち物でなければ、自社サーバではありません。

「どこが管理しているか」は関係無いと考えています。
自分たちで管理した方が自社サーバのメリットを受けることができるので、自分たちで管理していることが多いとは思いますけどね。
自分たちでサーバを買って(自社サーバを用意して)、その設置や維持管理は丸ごとどこかの会社に委託している、のようなケースも少なくないはずです。

えっ?
リース契約だったら自社サーバにならないのか?ですか?
それは……好きに解釈してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「自社サーバ」って単語が出てきたら「自分の会社の物ですよ!って言えるサーバなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク