[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

iBeacon

pointこの用語のポイント

pointBluetooth(BLE)を使った近距離無線通信の技術だよ

pointiPhoneやiPadに対して情報を送り付けることができるようになるよ

pointiOS7以降で対応しているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

iBeaconとは

iOS7以降が入っているiPhoneやiPadに対して、無線で情報を送り付けることができるようになる仕組み。
もう少し具体的、かつ小難しく書くと

Bluetooth(BLE)を使った近距離無線通信の技術
です。

image piyo

詳しく書くよ

誤解を招きそうな表現ですが、ものすごい大雑把に言えば「iPhoneやiPadに対して情報を送り付けることが可能になる仕組み」が「iBeacon」です。

……と書くと、ネガティブなイメージが強いですかね。
取りあえず、仕組みを見てみましょう。

ここに一台のiPhoneがあります。
ピヨ太君自慢の最新型iPhoneです。

iBeacon

このiPhoneを「お外からの情報を受け入れまっせ」状態にします。
具体的には、Bluetooth(赤外線通信のもっとすごい版)を有効にし、対応したアプリを起動します。

これで準備はOKです。
ピヨ太君はiPhoneを持ってお散歩に出かけました。

iBeacon2

一方、iPhoneやiPadに情報を送りつけたい方(例えば、お店の人)は、発信機を用意します。
電波がビビビーなやつです。

iBeacon3

おっと、お散歩しているピヨ太君がこの発信機の電波圏内に入ったようです。
そうすると、ビビビーな電波に乗って、発信機の識別番号がピヨ太君のiPhoneに送られます。

iBeacon4

ピヨ太君のiPhoneは発信機の識別信号を受け取りました。
そうしたら、ピヨ太君のiPhone(の中のアプリ)は、とあるサーバに向かって「こんな識別番号を受け取ったよ~」と連絡をします。

iBeacon5

それに対してサーバは「あー、その識別番号で連絡してきた奴にはこれを返せって言われてるわ~」とお返事をします。

iBeacon6

このサーバさんからのお返事が、発信機を設置した人がピヨ太君に送り付けたい情報です。
例えばそのお店で使えるクーポンだったり、あるいは単なる広告だったりですね。

流れをもう一度まとめると

1.発信機から出ている電波をiPhoneが受け取る
2.iPhoneからサーバに連絡する
3.サーバからiPhoneにお返事が来る


となります。

「1.」が、動き出すきっかけです。
ここで覚えておいてほしいのは、発信機からiPhoneに対する一方通行だということです。
iPhoneから発信機へは連絡できません。双方向通信ではないのです。

あとの「2.」「3.」は、普通のやり取りですね。
このやり取り内容をあーだこーだと工夫することによって、例えば顧客情報をお店に提供したり、電子クーポンを受け取ったりできます。
その他にもいろいろできるでしょう。
サービス内容を決定づける部分です。

これが2015年5月現在のiBeaconを使ったメジャーな仕組みです。

iBeaconを表現するキーワードとしては

・Bluetooth(BLE)を利用して通信する
・iOS7以降で対応している
・双方向通信ではない


あたりがポイントでしょうか。
今後技術が進歩したら、できることも変わってくるとは思いますけどね。
一先ず2015年5月の段階では、そのような状況です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「iBeacon」って単語が出てきたら「iPhoneとかiPadに情報を送り付けられる仕組みなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク