[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

USART

pointこの用語のポイント

pointパソコンとかの部品(集積回路)だよ

pointシリアル信号とパラレル信号の変換を行うよ

point同期式のシリアル通信と非同期式(調歩同期方式)のシリアル通信に対応しているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

USARTとは

信号の通り道が1つしかない通信(シリアル通信)用の信号と信号の通り道が複数ある通信(パラレル通信)用の信号の変換を行う、パソコンとかにくっつける部品(集積回路)……あっ、非同期式のシリアル通信にも対応してるし、同期式のシリアル通信にも対応してますよ、のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

シリアル通信は「信号の通り道が1つしかない通信方式」ね。
一言で言えば「縦に並べ~!一人ずつ順番に移動しろよ~!」です。

USART

パラレル通信は「信号の通り道が複数ある通信方式」です。
こちらは「横に並べ~!みんなで一斉に押しかけろ~!」です。

USART2

ここでのポイントは

通信には「シリアル通信」と「パラレル通信」の2つがあるよ。

ということです。

そして世の中には「シリアル通信用の信号とパラレル通信用の信号の変換を行う部品(集積回路)」があります。

例えば、この部品の中にシリアル通信な奴らが「わ~!」と入って行ったとしましょう。
出てくる時はパラレル通信になって出てきます。

USART3

逆にパラレル通信な奴らが「わ~!」と入って行って、シリアル通信になって出てくることもあります。

USART4

そんな部品があるのです。
まずは「シリアルな信号とパラレルな信号の変換を行う部品がある」というのを覚えてください。

覚えました?
それでは、次に行きましょう。

実は一口に「シリアル通信」と言っても、いくつかの種類がありましてね。
大きく分けると「同期式のシリアル通信」と「非同期式(調歩同期方式とも言います)のシリアル通信」に分類することができます。
どちらもシリアル通信はシリアル通信ですが、細かい部分のやり方がちょっと違うのです。

この「同期式のシリアル通信」と「非同期式のシリアル通信」のうち「非同期式のシリアル通信」にのみ対応している部品を「UART」と言います。
UARTは「同期式のシリアル通信」には対応していません。

USART5

前振りが長くなりましたが、いよいよ本題です。

このUARTにあれやこれやを加えて「同期式のシリアル通信」にも対応させたのが「USART(ユーエスアート)」です。
Universal Synchronous Asynchronous Receiver Transmitter(ユニバーサル・シンクラナス・エイシンクラナス・レシーバー・トランスミッター)」の略で「USART」ですが、おそらくその知識を発揮する機会は無いので、別に覚える必要はありません。

USARTの方は「非同期式のシリアル通信」にも対応していますし「同期式のシリアル通信」にも対応しています。

USART6

せっかくなので、UARTとUSARTはセットで覚えてあげてください。
非同期式のシリアル通信に対応しているのがUARTで、非同期式・同期式のどちらにも対応しているのがUSARTです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「USART」って単語が出てきたら「シリアル信号とパラレル信号の変換を行う部品なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク