[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

UART

pointこの用語のポイント

pointパソコンとかの部品(集積回路)だよ

pointシリアル信号とパラレル信号の変換を行うよ

point非同期式(調歩同期方式)のシリアル通信に対応しているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

UARTとは

信号の通り道が1つしかない通信(シリアル通信)用の信号と信号の通り道が複数ある通信(パラレル通信)用の信号の変換を行う、パソコンとかにくっつける部品(集積回路)……あっ、非同期式のシリアル通信にしか対応してないっす。同期式のシリアル通信は無理だから、のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「シリアル通信」と「パラレル通信」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

シリアル通信は「信号の通り道が1つしかない通信方式」です。
一言で言えば「縦に並べ~!一人ずつ順番に移動しろよ~!」です。

UART

パラレル通信は「信号の通り道が複数ある通信方式」です。
こちらは「横に並べ~!みんなで一斉に押しかけろ~!」です。

UART2

ここでのポイントは

通信には「シリアル通信」と「パラレル通信」の2つがあるよ。

ということです。

以上を踏まえて「シリアル通信用の信号とパラレル通信用の信号の変換を行う部品(集積回路)」が「UART」です。
Universal Asynchronous Receiver Transmitter(ユニバーサル・エイシンクラナス・レシーバー・トランスミッター)」の略で「UART」ですが、別に覚える必要はありません。

例えば、この部品の中にシリアル通信な奴らが「わ~!」と入って行ったとしましょう。
出てくる時はパラレル通信になって出てきます。

UART3

逆にパラレル通信な奴らが「わ~!」と入って行って、シリアル通信になって出てくることもあります。

UART4

ここまでは、そんなに難しくないですよね?
まずは「シリアルな信号とパラレルな信号の変換を行う部品がUART」というのを覚えてください。

覚えました?
それでは、次に行きましょう。

実は一口に「シリアル通信」と言っても、いくつかの種類がありましてね。
大きく分けると「同期式のシリアル通信」と「非同期式(調歩同期方式とも言います)のシリアル通信」に分類することができます。
どちらもシリアル通信はシリアル通信ですが、細かい部分のやり方がちょっと違うのです。

この「同期式のシリアル通信」と「非同期式のシリアル通信」のうち、UARTが対応しているのは「非同期式のシリアル通信」です。
「同期式のシリアル通信」には対応していません。

UART5

「えー、そんな~」って感じですね。
大丈夫です。

世の中には「あっ、同期式のシリアル通信にも対応したよ」なUARTがあります。
ただし、こちらは「USART」という名前です。
できることが増えたから部品の名前も変わっちゃったのですね。
USARTの方は「非同期式のシリアル通信」にも対応していますし「同期式のシリアル通信」にも対応しています。

UART6

せっかくなので、UARTとUSARTはセットで覚えてあげてください。
非同期式のシリアル通信に対応しているのがUARTで、非同期式・同期式のどちらにも対応しているのがUSARTです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「UART」って単語が出てきたら「非同期式のシリアル信号とパラレル信号の変換を行う部品なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク