[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Android

pointこの用語のポイント

point携帯情報端末向けのプラットフォームだよ

pointスマホとかに最初から入ってるプログラムだよ

pointGoogleさんが開発したよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Androidとは

Googleさんが開発している、携帯情報端末向けのOSとか環境とか何かそんな感じのもの。
ちょっと小難しい言い方をすると

Googleさんが開発している携帯情報端末向けのプラットフォーム
です。

image piyo

詳しく書くよ

プラットフォームは「そいつを動かすための土台となる環境」ね。
目的の物を動かすために必要な環境のことです。

Android

それを踏まえて、Googleさんが開発しているスマートフォンとかタブレットPC向けのプラットフォームが「Android」です。

……と言われても、いまいちピンときませんよね。
大丈夫です。これから詳しく説明します。

恐らく、みなさんも馴染みがあるであろう、スマートフォン(スマホ)を例に考えてみましょう。

Android2

スマホというのは便利な道具です。
電話をかけたり、メールを送ったり、インターネットをやったり、あるいはアプリを入れて使うこともできます。

でも、スマホがただの箱だったら、そんなことはできませんよね?

電話をかけたり、メールを送ったり、インターネットをやったり、あるいはアプリを入れて使うことができるのは、スマホに最初からそのためのプログラムが入っているからです。
例えば、OS(人格に相当するソフト)やWebブラウザ(インターネットをするときに使うソフト)等が、最初からスマホには入っています。

これらのスマホに最初から入っているプログラムは、あるとき空から降ってきた……わけではありません。
どこかの誰かが作って、出荷する前にスマホに突っ込んだのです。

このスマホに最初から入っているプログラム、言い換えればスマホとしてのお仕事をする上で土台となる環境には、いくつか種類があります。
その中のひとつで、Googleさんが開発したものが「Android」です。
※ついでなので書いておくと、スマホに最初から入っているプログラムには、他にも、Appleさんが開発した「iPhoneの中身(iOSとそれに付随するプログラム)」やMicrosoftさんが開発した「Windows Phone」等があります。

ここでポイントとなるのは、Googleさんがこのプログラムたちを「みんな、好きに使って良いよ~」と言ったことです。
ですから、スマホ自体をGoogleさんが作っているわけではありません。
「よーし!おいら、スマホ作っちゃうぞー!」と考えたメーカーの人が「中身はGoogleさんのAndroidを使っちゃえ。Googleさんは好きに使って良いって言ってるしー」と拝借しているのです。
中身が同じAndroidでも、スマホ自体を作っているメーカーさんはバラバラです。

そのため、中身がAndroidなスマホは、便宜上「Android端末」と呼ばれています。
中身がAndroidなスマホを作っているメーカーさんはいろいろあるので「iPhone」のように端末名で呼べないですからね。

また、Androidに対して「OS(人格に相当するソフト)だよ~」という説明をたまに見かけますが、少しだけ正確ではない説明です。
分かりやすいですけどね。

Androidには、確かにOSも含みますが、それだけではないのです。
OS以外にも、Webブラウザ(インターネットをするときに使うソフト)や地図ソフト、他にもなんかいろいろ含まれます。
※こだわり派な人は、AndroidなOSを「Android OS」と表現しているはずです。

確かにOSと解釈するのは分かりやすいですし、気にしなくても良いですけどね。
余裕があれば、頭の片隅にでも置いておいてください。
Androidは「OSも含む(けどそれだけじゃない)携帯情報端末向けの土台となる環境」です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Android」って単語が出てきたら「Googleさんが開発した携帯情報端末向けの環境なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク