[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ペタバイト (PB)

pointこの用語のポイント

point単位だよ

point10の15乗バイト(1,000テラバイト = 1,000,000,000,000,000バイト)を表すよ

pointもしくは、2の50乗バイト(1,024テラバイト = 1,125,899,906,842,624バイト)を表すよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ペタバイト (PB)とは

10の15乗バイト(1,000テラバイト = 1,000,000,000,000,000バイト)を表す単位のこと。
もしくは

2の50乗バイト(1,024テラバイト = 1,125,899,906,842,624バイト)を表す単位のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

考え方は「キロバイト(KB)」のときと一緒です。

ペタ」+「バイト」で「ペタバイト」です。

ペタバイト

ペタは「1000兆(10^15)を指す単位」ね。

バイトは「8ビットのこと」です。
ビットは「0か1が入っている箱」とお考えください。
「0」か「1」を表す単位がビットで、それが8つ合わさって「00000000」から「11111111」までを表す単位がバイトです。

それを踏まえて、10の15乗バイト、つまり1,000テラバイト(=1,000,000,000,000,000バイト)を表す単位が「ペタバイト」です。

……で話が終わらないのは、キロバイトの説明で書いた通りです。
実際には、1,024テラバイト(=1,125,899,906,842,624バイト)を表す単位として「ペタバイト」を使うことの方が多いでしょう。

※ここから先の説明は、キロバイトの説明で書いた内容と重複します。
 既にキロバイトの説明をご覧になった方は、適当に読み飛ばしてください。

人間様の世界は基本的に、0~9までの数字を使って数を表す10進数の世界です。
それに対してコンピュータさんの世界は、0、1の数字を使って数を表す2進数の世界です。

ペタバイト2

人間様にとって、1,000は10の3乗でキリが良く見えます。
ですが、コンピュータさんにとっては中途半端な数字なのです。
コンピュータさんにとってキリの良い数字は、2の10乗、1,024です。

よって、人間様にとってのキロが1,000であるのに対し、コンピュータさんにとってのキロは1,024になります。
「1キロバイト」と言った場合、人間様の基準で考えると「1,000バイト」ですが、コンピュータさんの基準で考えると「1,024バイト」になるのです。

ペタバイト3

同様に「1ペタバイト」と言った場合、人間様の基準で考えると「1,000テラバイト」ですが、コンピュータさんの基準で考えると「1,024テラバイト」になります。
そのため、人間様寄りの気分で

1ペタバイト = 10の15乗バイト = 1,000テラバイト = 1,000,000,000,000,000バイト

と解釈しても、あるいはコンピュータさん寄りの気分で

1ペタバイト = 2の50乗バイト = 1,024テラバイト = 1,125,899,906,842,624バイト

と解釈しても間違いとは言えません。

とはいえ「バイト」は一般的にコンピュータさんの世界で使う単位です。
そう考えれば、コンピュータさん寄りの気分で

1ペタバイト = 2の50乗バイト = 1,024テラバイト = 1,125,899,906,842,624バイト

と考えた方が適切でしょう。

ただまぁ、人間様的には10の累乗の方がしっくりきますよね。
そこで、1,024テラバイトを表す単位として「ペビバイト(PiB)」が生まれました。
1,000を基準に考えるときは「ペタバイト(PB)」を、1,024を基準に考えるときは「ペビバイト(PiB)」を使うことによって、紛らわしさを排除する狙いです。
ここら辺の考え方は「キビバイト(KiB)」や「メビバイト(MiB)」「ギビバイト(GiB)」「テビバイト(TiB)」と一緒です。
余裕があれば、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ペタバイト」って単語が出てきたら「1,000テラバイト、もしくは1,024テラバイト(1,024テビバイト)を表す単位なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク