[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

再コンパイル

pointこの用語のポイント

pointプログラムの元ネタを変換するよ

point人間語から機械語に翻訳するよ

point一度翻訳したものを再度翻訳するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

再コンパイルとは

コンパイルし直すこと。
つまり

すでに人間が分かる言葉からコンピュータが分かる言葉に変換したプログラムを、再度、変換し直すこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「リコンパイル」の説明と、ほとんど同じです。既に「リコンパイル」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

コンパイルは「人間が分かる言葉で書いたプログラムをコンピュータが分かる言葉に変換すること」ね。

人間様は、人間様の分かる言葉(人間語)で、プログラムの元ネタ(ソースコード)を作ります。
これをそのまま実行できれば話が早いのですが、残念ながら、コンピュータさんは人間語を理解しません。
「はぁ?おまえ、何言ってんの?」って感じです。

再コンパイル

そこで、人間語で書いたプログラムの元ネタをコンピュータさんが分かる言葉(機械語)に翻訳します。

再コンパイル2

そうするとコンピュータさんも内容を理解できるので、プログラムの指示に従い、お仕事をすることができます。

再コンパイル3

このときの人間語から機械語に翻訳する作業を「コンパイル」と言います。

さて、ここでプログラムに注目してください。
プログラムは一度作ってそれで終わりとは限りません。
バグ(おかしなところ)を修正したり、機能を追加したりすることがあります。

再コンパイル4

この変更は、人間語で書いたプログラムの元ネタに対して行います。
だって、人間様が分かるのは人間語ですからね。
機械語に翻訳する前の、人間語で書いてある元ネタに対して行います。

ですが、これだけではまだ足りません。
コンピュータさんが分かるのは機械語です。
人間語は分かりません。

再コンパイル5

ということはですよ。

変更後のプログラムの元ネタ(人間語)を、再度、機械語に翻訳してあげる必要があるということです。
再翻訳することによって、コンピュータさんは新しい命令を認識することができます。

再コンパイル6

この「プログラムの元ネタ(人間語)を、再度、機械語に翻訳してあげる」作業が「再コンパイル」です。
そのまんまと言えばそのまんまですが、再度、コンパイルする作業を指します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「再コンパイル」って単語が出てきたら「一度変換したプログラムを、再度、人間語から機械語に変換し直すんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク