[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ネットワークフォルダ (network folder)

pointこの用語のポイント

pointフォルダだよ

pointネットワーク経由で他のコンピュータから使えるよ

pointどちらかと言えば、使う人の立場から見た表現だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ネットワークフォルダ (network folder)とは

「共有フォルダ」のことだけど、特に他のコンピュータ上にある共有フォルダを指すことが多い表現。
つまり

ネットワーク経由で使える、他のコンピュータ上にあるフォルダ
です。

image piyo

詳しく書くよ

共有フォルダは「ネットワーク経由で他のコンピュータさんから見られるように設定したフォルダ」ね。
この共有フォルダを、主にネットワーク経由で使う人の立場から見た表現が「ネットワークフォルダ」です。

例えば、ピヨ太君が自分のパソコンさんに共有フォルダを作ったとしましょう。

ネットワークフォルダ

この共有フォルダにピヨ子さんがファイルを放り込みました。

ネットワークフォルダ2

このときの状況を指して「ピヨ子さんはネットワークフォルダにファイルを置いた」と言ったりするのです。
もちろん「ピヨ子さんはピヨ太君のパソコンの共有フォルダにファイルを置いた」と言っても正しいですけどね。

あくまで個人的な印象ですが

1.他のコンピュータ上にある
2.ネットワーク経由で使える
3.フォルダ


で「1.」を強調したいときに「ネットワークフォルダ」という表現を使うことが多いように思います。
単に「共有フォルダ」というと、自分のパソコン上にある共有設定をしたフォルダも含みますからね。
指すものは共有フォルダのことですが「他のパソコン上にあるやつだよ~」と強調したいときに、私は「ネットワークフォルダ」という表現を使います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ネットワークフォルダ」って単語が出てきたら「ネットワーク経由で使える、他のコンピュータにあるフォルダなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク