[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

揮発性メモリ (volatile memory)

pointこの用語のポイント

pointメモリだよ

point電気が流れていないと覚えたことを忘れちゃうよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

揮発性メモリ (volatile memory)とは

忘れっぽいメモリのこと。
もう少し真面目に書くと

電気が流れていないと記憶した内容を忘れてしまうメモリ
です。

image piyo

詳しく書くよ

パソコンさんの説明でよく登場するメモリは「パソコンさんの作業机」ですが、今回は「何か記憶しておくもの」と解釈してください。
覚えておくことをお仕事としている部品です。

揮発性メモリ

実はこのメモリ、大きく分けて2つの種類があります。

一つは、電気が流れていないと、記憶した内容を忘れてしまうメモリです。
電気がビビビーっと流れている間は覚えていますが、電気が流れなくなったら綺麗さっぱり忘れてしまいます。

揮発性メモリ2

もう一つは、電気が流れていなくても、記憶した内容を覚えておけるメモリです。
電気がビビビーっと流れている間はもちろんのこと、電気が流れなくなっても覚えておけます。

揮発性メモリ3

この二種類のメモリのうち、電気が流れていないと、記憶した内容を忘れてしまうメモリが「揮発性メモリ」です。
「揮発」には「常温でも蒸発しちゃうよ(蒸発しやすいよ)」的な意味がありますが、電気が流れていないと、文字通り、覚えたことが蒸発してどこかに行ってしまいます。

一方の、電気が流れていなくても記憶した内容を覚えておけるメモリは「不揮発性メモリ」と言います。
こちらは、電気が流れていなくてもバッチリ覚えておけるメモリです。
厳密には「外からの電源供給が不要」なメモリのことですけどね。
例えば、自家発電して常に自分に電気を流す揮発性メモリさんがいたとしたら、それは不揮発性メモリに分類されると思います。

揮発性メモリと不揮発性メモリはセットで覚えてあげてください。
忘れっぽいのが揮発性メモリで、忘れっぽくないのが不揮発性メモリです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「揮発性メモリ」って単語が出てきたら「電気が流れていないと内容を忘れてしまうメモリなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク