[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.cur【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointWindowsのマウスカーソルなファイルに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.cur【拡張子】とは

ファイルの種類を表す目印(拡張子)のひとつ
であり

Windowsのマウスカーソル用のファイルに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「拡張子」と「マウスカーソル」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.cur

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.cur2

マウスカーソルは、パソコンさんの世界における、あなたの「手の代わり」です。
普段は矢印っぽい形をしていて、マウスを動かすと連動して動くアイツです。

.cur3

マウスカーソルとして表示されている矢印は画像です。
矢印の画像がどこかにあって、それを表示しているのです。

この矢印の画像をウサギに変えれば、マウスカーソルの見た目はウサギになります。
画像を犬に変えれば、マウスカーソルの見た目は犬になります。
画像をピヨ太君に変えれば、マウスカーソルの見た目もピヨ太君です。

以上を踏まえて、マウスカーソル用の画像ファイルに付く拡張子が「.cur」です。

.cur4

実際には、単なる画像ではありません。
「マウスカーソル用の」画像です。
画像としての情報以外にも、マウスカーソルとして使うために必要な情報が、あれやこれやと含まれています。

「cur」の読み方については「シーユーアール」と読む人が多いと思います。
そのまんま、アルファベット読みですね。
由来は「cursor(カーソル)」でしょう。

拡張子が「.cur」のファイルは、マウスカーソル用のファイルです。
普通は

C:\Windows\Cursors\

に置きます。

あとは、マウスカーソルとして設定するだけです。
Windows 7を例に取ると

コントロールパネル
 ↓
マウス


と移動して「マウスのプロパティ」画面の「ポインター」タブを押します。
そうすると現在の設定が確認できるので、あとは、どのマウスカーソルをどの見た目にするか指定します。

なお、拡張子が「.cur」のファイルは、ペイント等の普通の画像編集ソフトでは扱えません。
作ったり編集したりするには専用のソフトが必要です。

専用のソフトには、拡張子「.cur」のファイルを直接作成するソフトもあれば、普通の画像を拡張子「.cur」のファイルに変換するソフトもあります。
興味がある方は「.cur 作成 ソフト フリー」あたりをキーワードにしてGoogleYahoo!などで検索してみてください。
きっと、いろいろ見つかると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.cur」って拡張子が付いていたら「マウスカーソルなファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク