[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

tarファイル

pointこの用語のポイント

pointアーカイブファイル(一つにまとめたよファイル)だよ

point「tar」コマンドで作成したファイルだよ

point拡張子が「.tar」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

tarファイルとは

tarコマンドを使って作ったアーカイブファイル(一つにまとめたよファイル)
であり

拡張子が「.tar」なファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

アーカイブは「複数のファイルフォルダを1つにまとめること」ね。

tarファイル

アーカイブファイルは「複数のファイルやフォルダを1つにまとめたファイル」です。

tarファイル2

少し紛らわしいのですが「アーカイブ」と「圧縮」は違う意味の用語です。

アーカイブは「1つにまとめる」行為を指します。

tarファイル3

それに対して、圧縮は「ファイルを潰す」行為を指す用語です。

tarファイル4

ただし、圧縮は、その過程において、複数のファイルやフォルダが1つにまとめられます。

圧縮する対象が1つの場合は潰されるだけですが、圧縮する対象が2つ以上の場合は1つのファイルにまとめてから潰されるのです。
圧縮されたファイルの中には、複数のフォルダやファイルが詰まっています。

そのため、圧縮を指して「アーカイブ」と表現する人もいます。

とはいえ、用語の意味としては

・アーカイブ:ファイルを1つにまとめる
・圧縮:ファイルを潰す


です。
覚えておいてください。

あとは「tarコマンドについても、説明しておきましょう。

UNIX系のOSLinuxとかMacとか)には「tar」というコマンドがあります。
「tar」コマンドは、アーカイブファイルを作るときに使うコマンドです。
実行すると、ファイルをまとめてくれます。

例えば

tar cvf hoge.tar hoge1.txt hoge2.txt

を実行したとしましょう。
そうすると「hoge1.txt」と「hoge2.txt」を1つにまとめたファイル「hoge.tar」ができあがります。

tarファイル5

それを踏まえて「tar」コマンドによって作られたファイル(例で言えば「hoge.tar」)の便宜上の呼び名が「tarファイル」です。

tarファイル6

tarファイルの拡張子は「.tar」にするのが一般的です。

tarファイル7

tarファイルが登場するのは、主にUNIX系のOSです。
ぶっちゃけ、Windowsの環境でtarファイルを貰うと、元のファイルに戻すのに若干手間がなかります。
Windows環境の人に送る場合は、できれば違う形式(zipとか)にしてあげてください。

また、tarファイルは複数のファイルを1つにまとめたファイルです。
圧縮はされていません。

例えば

・大きさが「10」の「hoge1.txt」
・大きさが「5」の「hoge2.txt」


の2つのファイルがあったとしましょう。

この状態で

tar cvf hoge.tar hoge1.txt hoge2.txt

を実行すると、できあがる「hoge.tar」の大きさは「15」……と見せかけて、実はもっと大きくなります。
恐らく、ファイルの更新日など、まとめる前の情報をあれこれ保持するのでしょう。

私の環境で実行してみたところ、以下の結果になりました。
大きさ「10」の「hoge1.txt」と大きさが「5」の「hoge2.txt」をまとめたのに、できあがった「hoge.tar」の大きさは「10240」になっています。

[root@localhost ~]# ls -alt hoge*
-rw-r--r-- 1 root root  5 Mar 15 22:42 hoge2.txt
-rw-r--r-- 1 root root 10 Mar 15 22:41 hoge1.txt

[root@localhost ~]# tar cvf hoge.tar hoge1.txt hoge2.txt
hoge1.txt
hoge2.txt

[root@localhost ~]# ls -alt hoge*
-rw-r--r-- 1 root root 10240 Mar 15 22:43 hoge.tar
-rw-r--r-- 1 root root     5 Mar 15 22:42 hoge2.txt
-rw-r--r-- 1 root root    10 Mar 15 22:41 hoge1.txt


このように、tarファイルは潰されていません。
もともとのファイルと比較して、コンパクトにはなっていないのです。

よって、tarファイルは「gzip」コマンド等で圧縮するのが一般的です。

手順としては、まず「tar」コマンドでファイルをまとめます。
例えば

tar cvf hoge.tar hoge1.txt hoge2.txt

を実行して「hoge1.txt」と「hoge2.txt」を1つにまとめたファイル「hoge.tar」を作ったとしましょう。

tarファイル8

次に「gzip」コマンドでtar形式のファイルを圧縮します。

gzip hoge.tar

を実行すると「hoge.tar」が圧縮されたファイル「hoge.tar.gz」ができあがります。

tarファイル9

ここまでを1セットとすることも多いです。

繰り返しになりますが、tarファイルは、複数のファイルをまとめただけです。
小さくするには、別途、圧縮する必要があります。
覚えておいてください。

あと、ついでなので書いておくと、拡張子「.tar.gz」は、tarファイルを「gzip」コマンドで圧縮したファイルに付く拡張子です。

tarファイル10

拡張子「.tar.gz」は、場合によっては拡張子「.tar」よりも見かける機会があります。
せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「tarファイル」って単語が出てきたら「tarコマンドで作成したアーカイブファイル(一つにまとめたよファイル)のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク