[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.tar.gz【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

point「tar」コマンドでまとめたファイルを「gzip」コマンドで圧縮した圧縮ファイルに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.tar.gz【拡張子】とは

「tar」コマンドでまとめたアーカイブファイルを「gzip」コマンドで圧縮した圧縮ファイルに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは

アーカイブ
アーカイブファイル
圧縮
圧縮ファイル
・「tarコマンド
・「gzip」コマンド
拡張子


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

アーカイブは「複数のファイルフォルダを1つにまとめること」です。

.tar.gz

アーカイブファイルは「複数のファイルやフォルダを1つにまとめたファイル」です。

.tar.gz2

圧縮は「ファイルやフォルダを1つにまとめてキュッと潰すこと」です。

.tar.gz3

圧縮ファイルは「1つにまとめてキュッと潰したよファイル」です。

.tar.gz4

少し紛らわしいのですが「アーカイブ」と「圧縮」は違う意味の用語です。

アーカイブは「1つにまとめる」行為を指します。

.tar.gz5

それに対して、圧縮は「ファイルを潰す」行為を指す用語です。

.tar.gz6

ただし、圧縮は、その過程において、複数のファイルやフォルダが1つにまとめられます。

圧縮する対象が1つの場合は潰されるだけですが、圧縮する対象が2つ以上の場合は1つのファイルにまとめてから潰されるのです。
圧縮されたファイルの中には、複数のフォルダやファイルが詰まっています。

そのため、圧縮を指して「アーカイブ」と表現する人もいます。

とはいえ、用語の意味としては

・アーカイブ:ファイルを1つにまとめる
・圧縮:ファイルを潰す


です。
覚えておいてください。

tarコマンドは「tarファイル」と呼ばれるアーカイブファイルを作るコマンドです。
gzip」コマンドは、ファイルを圧縮するときに使うコマンドです。
両方とも、UNIX系のOSLinuxとかMacとか)で使えます。

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.tar.gz7

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.tar.gz8

以上を踏まえて、tarコマンドで1つにまとめたファイル(tarファイル)をgzipコマンドで圧縮したファイルに付く拡張子が「.tar.gz」です。

.tar.gz9

「tar.gz」の読み方については「タージーゼット」と読む人が多いと思います。

それでは実際に例を挙げて見てみましょう。

ここに中身が文字だけのファイル「hoge1.txt」「hoge2.txt」があったとします。

.tar.gz10

この2つのファイルをtarコマンドで1つにまとめて「hoge.tar」を作りました。

実行するコマンドは、例えば

tar cvf hoge.tar hoge1.txt hoge2.txt

です。

これで「hoge1.txt」と「hoge2.txt」を1つにまとめたファイル「hoge.tar」ができあがります。

.tar.gz11

次に「hoge.tar」を「gzip」コマンドで圧縮します。

実行するコマンドは、例えば

gzip hoge.tar

です。

そうすると「hoge.tar」を圧縮したファイル「hoge.tar.gz」ができあがります。

.tar.gz12

これが、拡張子が「.tar.gz」なファイルの(地道な方の)作り方です。

あるいは、tarコマンドを使って、一発で「hoge.tar.gz」を作ることもできます。

実は「tar」コマンドには「z」というオプションがあります。
このオプションを指定すると、tarファイルを作ると同時に圧縮してくれるのです。

tarコマンド実行
 ↓
gzipコマンド実行


を一度にやってくれるイメージですね。

例えば

tar cvfz hoge.tar.gz hoge1.txt hoge2.txt

を実行すると「hoge1.txt」「hoge2.txt」を1つにまとめたファイル「hoge.tar.gz」が1回のコマンド実行で、できあがります。

.tar.gz13

ここまでが作り方の説明です。

それでは、拡張子が「.tar.gz」のファイルを元のファイルに戻すときは、どうすれば良いのでしょう?

単純に、逆の手順を実行してください。

まず「gzip -d」コマンドや「gunzip」を実行して、tarファイルに戻します。
実行するコマンドは

gzip -d hoge.tar.gz



gunzip hoge.tar.gz

です。

そうすると「hoge.tar.gz」が無くなって「hoge.tar」が登場します。

あとは

tar xvf hoge.tar

などを実行することで、tarファイルから元のファイルを取り出すことができます。

.tar.gz14

作るときと同様に「tar」コマンドにオプション「z」を付けて、一発で戻すこともできますけどね。

例えば

tar xvfz hoge.tar.gz

を実行すると、一発で元のファイルを取り出すことができます。

.tar.gz15

拡張子が「.tar.gz」なファイルの扱い方の説明としては、そんなところでしょうか。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.tar.gz」って拡張子が付いていたら「圧縮ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク