[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.tgz【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

point「tar」コマンドでまとめたファイルを「gzip」コマンドで圧縮した圧縮ファイルに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.tgz【拡張子】とは

ファイルの種類を表す目印(拡張子)のひとつ
であり

「tar」コマンドでまとめたアーカイブファイルを「gzip」コマンドで圧縮した圧縮ファイルに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

アーカイブ
アーカイブファイル
圧縮
圧縮ファイル
・「tarコマンド
・「gzip」コマンド
拡張子


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

アーカイブは「複数のファイルフォルダを1つにまとめること」です。

.tgz

アーカイブファイルは「複数のファイルやフォルダを1つにまとめたファイル」です。

.tgz2

圧縮は「ファイルやフォルダを1つにまとめてキュッと潰すこと」です。

.tgz3

圧縮ファイルは「1つにまとめてキュッと潰したよファイル」です。

.tgz4

少し紛らわしいのですが「アーカイブ」と「圧縮」は違う意味の用語です。

アーカイブは「1つにまとめる」行為を指します。

.tgz5

それに対して、圧縮は「ファイルを潰す」行為を指す用語です。

.tgz6

ただし、圧縮は、その過程において、複数のファイルやフォルダが1つにまとめられます。

圧縮する対象が1つの場合は潰されるだけですが、圧縮する対象が2つ以上の場合は1つのファイルにまとめてから潰されるのです。
圧縮されたファイルの中には、複数のフォルダやファイルが詰まっています。

そのため、圧縮を指して「アーカイブ」と表現する人もいます。

とはいえ、用語の意味としては

・アーカイブ:ファイルを1つにまとめる
・圧縮:ファイルを潰す


です。
覚えておいてください。

tarコマンドは「tarファイル」と呼ばれるアーカイブファイルを作るコマンドです。
gzip」コマンドは、ファイルを圧縮するときに使うコマンドです。
両方とも、UNIX系のOSLinuxとかMacとか)で使えます。

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.tgz7

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.tgz8

以上を踏まえて、tarコマンドで1つにまとめたファイル(tarファイル)をgzipコマンドで圧縮したファイルに付く拡張子が「.tgz」です。

.tgz9

「tgz」の読み方については「タージーゼット」やアルファベット読みで「ティージーゼット」と読む人が多いと思います。

実際のところ、この拡張子は慣例的なものです。
別に決まりがあるわけではありません。

具体的な例を挙げて、見てみましょう。

ここに中身が文字だけのファイル「hoge1.txt」「hoge2.txt」があったとします。

.tgz10

この2つのファイルをtarコマンドで1つにまとめて「hoge.tar」を作りました。
実行するコマンドは、例えば

tar cvf hoge.tar hoge1.txt hoge2.txt

です。
これで「hoge1.txt」と「hoge2.txt」を1つにまとめたファイル「hoge.tar」ができあがります。

.tgz11

次に「hoge.tar」を「gzip」コマンドで圧縮します。
実行するコマンドは、例えば

gzip hoge.tar

です。
そうすると「hoge.tar」を圧縮したファイル「hoge.tar.gz」ができあがります。

.tgz12

あれ?
「.tgz」が出てきませんね。

ここで「tar」コマンドの話に戻ります。

「tar」コマンドには「z」というオプションがあります。
このオプションを指定すると、tarファイルを作ると同時に圧縮してくれるのです。

tarコマンド実行
 ↓
gzipコマンド実行


を一度にやってくれるイメージです。

拡張子「.tgz」は、このやり方で圧縮ファイルを作る場合によく使います。
実行するコマンドは、例えば

tar cvfz hoge.tgz hoge1.txt hoge2.txt

です。
これで「hoge1.txt」「hoge2.txt」を1つにまとめたファイル「hoge.tgz」が1回のコマンド実行で、できあがります。

.tgz13

おっ、拡張子「.tgz」が登場しましたね。

実際のところ、拡張子は好きに決められます。
その気になれば、できあがるファイルの拡張子を「.tar.gz」にすることも可能です。

tar cvfz hoge.tar.gz hoge1.txt hoge2.txt

と書けば、ファイルの拡張子は「.tar.gz」になります。

でも「.tar.gz」と打つよりは「.tgz」と打った方が、ちょびっとだけ楽ですよね。

よって「z」オプション付きでtarコマンドを実行する際には、拡張子を「.tgz」にするのです……と、私は思っています。

それが世間一般の共通認識かは分からないですけどね。
「『.tar.gz』なんて、長ったらしくて面倒くさいんだよ!そもそも拡張子ってのは3文字にするのが慣例だろ!もう『.tgz』で良いんじゃね?」なノリで生まれた拡張子であろうと推測しています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.tgz」って拡張子が付いていたら「圧縮ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク