[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.tpl【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

point何らかのテンプレートファイル(ひな形となるファイル)によく付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.tpl【拡張子】とは

テンプレートファイル(何かのひな形となるファイル)によく付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

テンプレートは「これをお手本にしなさい」な元ネタね。

.tpl

テンプレートファイルは「ひな形になるファイル」です。
何かの元ネタとなるファイルです。

.tpl2

それを踏まえて、テンプレートファイルによく付く拡張子が「.tpl」です。

.tpl3

「tpl」の読み方についてはアルファベット読みで「ティーピーエル」と読む人や「テンプレート」と読む人が多いと思います。
語源は「template(テンプレート)」の「tpl」でしょうね。

拡張子「.tpl」は、テンプレートファイルによく付く拡張子です。
ファイルを作った人が「うん、これはテンプレートファイルっぽいな」と判断したら、この拡張子が付いていてもおかしくはありません。

よって、中身の形式はケース・バイ・ケースです。
テキストファイル(中身が文字だけのファイル)の場合もあれば、バイナリファイル(テキストファイル以外のファイル)の場合もあり得ます。

Web系のプログラムでは、HTML等の画面デザイン部分を別出しにしたファイルに付けることが多いですけどね。
絶対の決まりがあるわけではありません。

私が拡張子「.tpl」のファイルを見かけた場合は、取りあえずテキストエディタWindowsメモ帳とか)で開いてみると思います。
それで中身を読めれば、何のファイルか分かるはずです。

中身がぐちゃぐちゃしていて読めない場合は、置いてある場所からどのプログラムが使っているファイルか判断します。

それでも分からない場合は、諦めて見なかった振りをします。
人生、諦めが肝心です。

繰り返しになりますが、拡張子「.tpl」は、テンプレートファイルによく付く拡張子です。
ひな型っぽいファイルであれば、この拡張子が付いていてもおかしくはありません。
中身が何かはケース・バイ・ケースですよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.tpl」って拡張子が付いていたら「何かのひな形ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク