[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

固定長カラム (fixed length column)

pointこの用語のポイント

pointデータの項目だよ

point長さが決まっているよ

point一般的にはデータベースの話で登場するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

固定長カラム (fixed length column)とは

中に入るデータの長さが決まっている、データベースやCSVファイル等のデータ項目のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

固定長」+「カラム」で「固定長カラム」です。

固定長カラム

固定長は「全部同じ長さですよ」あるいは「長さが決まっていますよ」の意味ね。
ぜ~んぶ、同じ長さになります。

固定長カラム2

カラムは「項目」です。
行列で表現される表の「列」を表す言葉ですが、データベースファイルに格納されるデータの項目だと思って構いません。

固定長カラム3

ついでに、CSVファイルは「データの各項目間が『,(カンマ)』で区切られているファイル」です。

データ1-1,データ1-2,データ1-3
データ2-1,データ2-2,データ2-3
データ3-1,データ3-2,データ3-3
データ4-1,データ4-2,データ4-3
データ5-1,データ5-2,データ5-3


のような形で、カンマで区切ることによって一行に複数の項目を並べる使い方をします。
データベースの表を、そのままファイルに写し取ったようなイメージですね。

これらを踏まえて「入るデータの長さが決まっている項目」が「固定長カラム」です。
ポイントは

・長さが決まっている
・長さが足りないときは空白を埋めて調整する


です。

ん?
「長さが足りないときは空白を埋めて調整する」の部分は補足しておいた方が良いかもしれませんね。

例えばここに、長さが5の固定長カラムな箱があったとしましょう。

固定長カラム4

この箱に長さが3のデータを入れたくなりました。

固定長カラム5

でも箱に入るのは長さが5のデータだけです。
3では入りません。

固定長カラム6

そんなときは、長さ3のデータに空白2をくっつけて、長さを5にしてから入れるのです。

固定長カラム7

これが「長さが足りないときは空白を埋めて調整する」です。

必要な長さまで空白をくっつけるのは、自分でやらなくてはいけない場合もあれば、勝手にやってくれる場合もあります。
例えばファイルに出力するデータであれば、自分でやらなくてはいけないでしょう。
データベースの固定長カラムにデータを入れる場合は、データベースさんが勝手にやってくれることが多いです。

ちなみに、固定長カラムの逆、「入るデータの長さが決まっていない項目」は「可変長カラム」と……言ってもおかしくはありませんが、あまり言いません。
単に「カラム」と言えば可変長なカラムを指すので、わざわざ「可変長カラム」と言う必要がないからです。
「可変長カラム」という呼び名が登場するのは、せいぜい「固定長カラム」と対比させるときくらいですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「固定長カラム」って単語が出てきたら「入るデータの長さが決まっているデータ項目なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク