[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アマゾンウェブサービス (Amazon Web Services)

pointこの用語のポイント

pointインターネット経由で使えるあれやこれやを貸してやるぜサービスだよ

pointAmazonさんが運営しているよ

pointAmazonさんが提供しているサービスの「総称」だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アマゾンウェブサービス (Amazon Web Services)とは

Amazonさんが運営している、サーバやデータベースなど、インターネットを経由して使えるあれやこれやを貸してくれるサービスのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

Amazonさんが運営している、インターネットを経由して使えるあれやこれやを貸してくれるサービスの総称が「アマゾンウェブサービス(Amazon Web Services)」です。
貸してくれるのはサーバデータベース、その他諸々ですね。
省略して「AWS」と表現される場合も多いです。

アマゾンウェブサービス(Amazon Web Services)

例えば、(仮想)サーバを借りて、その中で自分が作ったWebサービスを動かしたり、データベースを借りて自分の作るシステムに組み込んだり、あれやこれやを使ってあれやこれやができます。
どちらかと言えば、システムを「使う人」ではなく「作る人」に向けたサービスです。

公式サイトには

ソフトウェアの開発者(プログラマ)がAmazonの技術プラットフォームと商品データにアクセスできるようにするために、Amazonブランドの全サイトで提供している技術とサービスの総称です。

と書いてありました。

あくまで「総称」なので「アマゾンウェブサービス(Amazon Web Services)って、具体的には何?」とは考えない方が良いと思います。
一言で「アマゾンウェブサービス(Amazon Web Services)」と言っても、(Amazonさんが貸してくれる)サーバを指す場合もあれば、(Amazonさんが貸してくれる)データベースを指す場合もあります。(Amazonさんが貸してくれる)それ以外を指す場合もあるでしょう。
「Amazonさんが提供しているサービス」くらいの解釈に留めておく方が無難です。

話の中に登場した「アマゾンウェブサービス(Amazon Web Services)」が具体的にどのサービスを意図しているかは、前後の文脈から判断することになります。
繰り返しになりますが、Amazonさんが提供しているサービスの「総称」だというのを意識してください。
ブランド名みたいなものです。
例えば「シャネル買った~」と言われても、その情報だけでは、買ったのが財布なのか香水なのか化粧品なのか時計なのか判断はできないですよね。
それと似たようなイメージです。

あとの具体的なことは、公式サイトでお勉強してください。
2015年4月現在の公式サイトのURL

http://aws.amazon.com/jp/

になります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アマゾンウェブサービス(Amazon Web Services)」って単語が出てきたら「Amazonさんが運営している、インターネット経由で使えるあれやこれやを貸してやるぜサービスなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク