[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ダイナミックDNS (DDNS)

pointこの用語のポイント

pointIPアドレスが変わるコンピュータをDNSに登録するための仕組みだよ

pointIPアドレスが変わったらDNSの情報を自動更新するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ダイナミックDNS (DDNS)とは

IPアドレスが動的に変わるコンピュータをDNSに登録するための仕組み。
もう少し具体的に書くと

コンピュータに割り当てられているIPアドレスが変わったら、それに対応したDNSの情報を自動で更新する仕組みのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

DNSは「IPアドレスドメイン名の紐付けをしまっせシステム」ね。

パソコンさんはIPアドレスしか分かりません。
ドメイン名を見せられても「う~ん、どこの住所だろう」と困ってしまいます。

ダイナミックDNS

一方、人間様はIPアドレスがピンときません。
例えば「198.51.100.1」と「198.51.100.10」と「198.51.100.11」の違いなんて、パッと見で分かりませんよね。
うっかりミスも増えそうです。

ダイナミックDNS2

そのため、コンピュータさんはコンピュータさんが分かりやすい形式の住所(IPアドレス)、人間様は人間様が分かりやすい形式の住所(ドメイン名)を扱えるような仕組みがあります。
具体的には、事前にIPアドレスとドメイン名の対応付けを行っておいて、必要に応じて変換するのです。

ダイナミックDNS3

このIPアドレスとドメイン名を変換してくれる仕組みがDNSです。

次に、IPアドレスに注目してください。
IPアドレスは「インターネットをするときにコンピュータに割り当てられる住所」です。
コンピュータに対して割り当てられ、コンピュータを識別するために使われます。

ところがですね。

実は、コンピュータに対して割り当てられているIPアドレスが、勝手に変わることがあるのです。
昨日はIPアドレスが「198.51.100.10」だったコンピュータが、今日になったらIPアドレスが「198.51.100.11」になっている、という事態も起こり得ます。

ダイナミックDNS4

これは、DHCPという仕組みによって、うんちゃらかんちゃら。
話が本筋からズレるので(本当は面倒くさいので)細かくは説明しません。
興味がある方は「DHCP」というキーワードで、お勉強してみてください。

ポイントは「DHCPという仕組みが絡んでくると、同じコンピュータでもIPアドレスが変わってしまうことがある」です。
ちょっと小難しい言い方をすると

DHCPの仕組みによって動的にIPアドレスが割り当てられる場合、接続し直したときに再割り当てされるIPアドレスが切断前と同じIPアドレスである保証は無い

となります。

「ふーん、別に良いんじゃね?インターネットは使えるんでしょ?」と思う人もいるかもしれませんね。

確かにそうです。
普通にインターネットをする分には何も困りません。

でも、DNSに登録する際には困るのです。

例えば、ここに一台のサーバサービスや機能を提供する側のコンピュータ)があったとしましょう。
便宜上の名前として、このサーバを「ぴよサーバ」と呼ぶことにします。
ピヨ太君は、ぴよサーバにホームページのファイルを置いて全世界に公開するつもりです。

ダイナミックDNS5

インターネットに接続するためには、IPアドレスが必要です。
ぴよサーバには、DHCPの仕組みによってIPアドレス「198.51.100.10」が割り当てられました。

ダイナミックDNS6

そしてDNSでは、IPアドレス「198.51.100.10」に対して、ドメイン名「example.com」を対応させました。

ダイナミックDNS7

ピヨ太君のホームページを見たい人は「http://example.com」に対してアクセスします。
そうすると、DNSの仕組みによってIPアドレス「198.51.100.10」が導き出されます。

IPアドレスが「198.51.100.10」のコンピュータは、ぴよサーバです。
結果として「http://example.com」に対してアクセスした人は、ぴよサーバにやってくることになります。

ダイナミックDNS8

ここで思い出してください。
「同じコンピュータでもIPアドレスが変わってしまうことがある」です。

なんと、ぴよサーバのIPアドレスが「198.51.100.10」から「198.51.100.11」に変わってしまいました。

ダイナミックDNS9

この状態で、ピヨ太君のホームページを見たい人が「http://example.com」に対してアクセスしたとしましょう。

DNSに登録されている情報は、IPアドレス「198.51.100.10」とドメイン名「example.com」の対応です。
そうすると、DNSの仕組みによってIPアドレス「198.51.100.10」が導き出されます……が、ぴよサーバのIPアドレスは既に「198.51.100.11」に変わっています。
結果として「http://example.com」に対してアクセスした人は、ぴよサーバにやってくることができません。

ダイナミックDNS10

これは困りますよね。

この困ったちゃんな状況に対応するための仕組み、もしくはサービスが「ダイナミックDNS」です。
Dynamic DNS(ダイナミック・ディーエヌエス)」を省略して「DDNS」をと表現されることもあります。

ダイナミックDNSの基本的な仕組みは「IPアドレスが変わったら、DNSサーバに登録された情報も更新する」です。
これを定期的、かつ自動でやることによって、コンピュータに割り当てられたIPアドレスが変わっても問題が起きないようにします。

本来のDNSはIPアドレスとドメイン名の対応を管理しますが、それをコンピュータとドメイン名の対応に変えちゃうイメージですね。
それを実現するための仕組みがダイナミックDNSです。

細かい部分については、専門的に解説しているところで情報を補完してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ダイナミックDNS」って単語が出てきたら「(IPアドレスが変わったときにDNSの情報を自動更新することによって)IPアドレスが固定ではないコンピュータをDNSに登録するための仕組みなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク