[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.obj【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointオブジェクトっぽいファイルに付くんじゃないかな

point中身が何かは拡張子からだけでは判断できないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.obj【拡張子】とは

比較的オブジェクトっぽいファイルによく付く拡張子……ではあるけど、具体的に何のファイルとは言えないな~
です。

image piyo

詳しく書くよ

オブジェクトは「なんと言うか……『物』なんだよね、うん」ね。
オブジェクト指向の概念で言えば「物体」ですが、ものすごいふんわりとした表現です。

「オブジェクトっぽいファイル」は、正確ではありませんが「プログラムとかで使う部品」くらいに、ゆるく解釈してください。
その多くは、プログラム、もう少し大きなくくりで言えば、コンピュータさんが使うファイルです。

それを踏まえて、作った人が「うん、これはオブジェクトなファイルだね」と判断したファイルによく付く拡張子が「.obj」です。

.obj2

「obj」の読み方についてはアルファベット読みで「オービージェイ」と読む人や「オブジェ」と読む人が多いと思います。
語源は恐らく「オブジェクト(object)」の「obj」でしょう。

拡張子「.obj」のファイルが具体的に何のファイルかは、ケース・バイ・ケースです。

例えば、拡張子「.c」のファイル(C言語ソースファイル)をあれやこれやすると拡張子「.obj」のファイルができあがります。
あるいは「Wavefront」という会社さんの作った「Advanced Visualizer」というソフトで扱うファイルの拡張子も「.obj」だったりします。
そして、この二つは完全に別ものです。

要は、拡張子だけでは判断しきれないということです。
オブジェクトっぽいファイルであれば、中身が何であれ「.obj」の拡張子を付けてもおかしくはないですからね。
ソフトを作った人が「よーし、こいつが扱うファイルの拡張子は『.obj』にするべー」と決めれば、どんなソフトで扱うファイルであれ、拡張子が「.obj」になる可能性はあります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.obj」って拡張子が付いていたら「基本的にはコンピュータさんが使うファイルだと思うけど、拡張子からだけでは判断できないんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク