[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ネイティブコード (native code)

pointこの用語のポイント

pointコンピュータさんが読める状態になったプログラムだよ

pointソースコードをコンパイルしたものだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ネイティブコード (native code)とは

コンピュータさんが読める状態になったプログラムのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

プログラムは基本的に人間様が作ります。

人間様に作られたプログラムは最初、人間が読める状態になっています。
これが一般的に「ソースコード」と呼ばれるものです。

実はこのソースコード、コンピュータさんは読めないのです。
そこで「コンパイル」と呼ばれる作業を通して、人間様の読めるコードはコンピュータさんの読めるコードに変換されます。

コンピュータさんの読めるコードに変換されて、初めてコンピュータさんはプログラムを動かすことができるのです。

そしてこのときの「コンピュータさんが読めるコード」を「ネィティブコード」と呼びます。
カッコつけて言うと「機械語で書かれたプログラム」って奴ですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ネイティブコード」って単語が出てきたら「コンピュータさん向けの言葉で書かれたコードなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク