[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.lnk【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointWindowsのショートカットに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.lnk【拡張子】とは

Windowsのショートカットなファイルに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「ショートカット」と「拡張子」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ショートカットは、Windowsにおける「ファイルフォルダに対する注文受付代行ファイル」です。

例えば、ファイルAのショートカットA’があったとしましょう。

.lnk

このショートカットA’をべちべちっとダブルクリックすると、ファイルAが開きます。
ファイルAを直接ダブルクリックしたのと同じです。

.lnk2

ショートカットA’は「動けや!」な注文の受付だけを行い、受け付けた注文内容をファイルA’に転送しているのです。
要は、代理人みたいなものですね。

これがショートカットです。

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.lnk3

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.lnk4

以上を踏まえて、ショートカットなファイルに付く拡張子が「.lnk」です。

.lnk5

「lnk」の読み方については「エルエヌケー」とアルファベット読みをする人もいますが、私は「リンク」と読んだ方がしっくりきます。
リンクは「点と線で構成図を書いたときの線の部分」ですが、ここでは「何かをつないでいるもの」程度にお考えください。

拡張子「.lnk」のファイルは、あくまで注文の受付を代行するだけのファイルです。
拡張子が「.lnk」のファイルを直接開いて中を見たり編集する機会は、まずありません。
せいぜい、名前を変えたり、リンク先を変更したりするくらいでしょう。

ショートカットの名前の変更は、該当のファイルを右クリックして「名前の変更(M)」を選ぶことで変えることができます。

.lnk6

リンク先を変更したい場合は、まず該当のファイルを右クリックして「プロパティ(R)」を選びます。

.lnk7

次に「ショートカット」タブの「リンク先」のところに、どのファイルの注文受付を代行しているかが書いてありますので、そこを変更してあげてください。

.lnk8

拡張子「.lnk」のファイルに対して行う操作は、それくらいのはずです。

なお、繰り返しになりますが、拡張子「.lnk」のファイルは、あくまで「注文受付の代行」がお仕事です。
受け付けたお仕事を流してやる先がないと意味がありません。

例えば「メールにファイルを添付して送ろう!」とか思ったときに、この拡張子「.lnk」のファイルを添付しないようにご注意ください。
拡張子「.lnk」のファイルを送っても、受け取った人は注文受付代行ファイルだけがある状態(実際にお仕事をするファイルがない状態)です。
あなたが相手に見てもらおうと思ったファイルは、相手に届いていませんよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.lnk」って拡張子が付いていたら「ショートカットなファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク