[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

スプーフィング (spoofing)

pointこの用語のポイント

pointなりすましのことだよ

point他の人の振りをしているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

スプーフィング (spoofing)とは

「なりすまし」のこと。
つまり

他の人のふりをすること
です。

image piyo

詳しく書くよ

なりすましは「自分以外の人の振りをすること」ね。
人の名前を使って掲示板に書き込んだり、どっかの企業のふりしてメールを送ったり、あるいは人のアカウントログインして好き勝手やったりです。
もう少し本格的になるとIPアドレスを偽装したりもします。

スプーフィング

この「なりすまし」をカッコつけて横文字にしたのが「スプーフィング」です。

順番的には、まず「スプーフィング(spoofing)」があって、それを日本語にしたのが「なりすまし」でしょうけどね。
わざわざ「やっぱ、スプーフィングってさぁ~」とか言う人はカッコつけたがりな人だと私は考えています。
「やっぱ、なりすましってさぁ~」と言った方が、相手が日本人なら分かりやすいと思うのですよ。

なお「スプーフィング」が付いた用語には「IPスプーフィング」などがあります。
IPスプーフィングは「IPアドレスを偽装して悪いことをすること」ね。
余裕があれば、併せて覚えてあげてください。

もちろん、それ以外にも「スプーフィング」が付いた用語はありますけどね。
「○○スプーフィング」と出てきた場合は「○○を偽装してやる悪いこと」や「○○を偽装すること」と読み替えれば、意味は掴めると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「スプーフィング」って単語が出てきたら「なりすましのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク