[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

マスターデータ (master data)

pointこの用語のポイント

point何かの基礎となるデータだよ

pointシステムを動かす前から入れておくよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

マスターデータ (master data)とは

何かの基礎となるデータ
であり

システムを使う最初の段階から無いと困るデータ
です。

image piyo

詳しく書くよ

マスターなデータが「マスターデータ」です。
マスターなデータって、なんだよ!

自己ツッコミを入れたところで真面目な説明を書きます。

システムで使うデータは、大きく分けて2つに分類できます。

1.システムを動かす前から入れておく必要のあるデータ
2.システムを動かすことによって蓄積されていくデータ


の2つです。

この2種類のデータのうち

1.システムを動かす前から入れておく必要のあるデータ

が「マスターデータ」です。

マスターデータは何かの基礎となるデータです。
普通はシステムを動かす前から入れておきます。
というか、入れておかないと困ったことになります。

ちなみに

2.システムを動かすことによって蓄積されていくデータ

の方は「トランザクションデータ」と呼びます。
余裕があれば、併せて覚えてあげてください。

例えば、そうですね。

ここにピヨピヨカンパニーで使っているピヨピヨ勤怠管理システムがあります。
「ピヨピヨ勤怠管理システム」と呼ぶのは長ったらしいので、社員はみんな「ピヨ勤システム」と呼んでいますけどね。
ピヨ勤システムでは、日々、社員の出退勤時刻を記録していきます。

マスターデータ

ピヨ勤システムの仕組みは単純です。
まず社員番号を入力すると、その社員の名前と「出勤」「退勤」ボタンが表示されます。
名前に間違いがないことを確認したら「出勤」「退勤」ボタンを押します。
これで、その社員の出退勤時刻が記録されます。

ここで、ちょっと考えてみてください。

社員番号を入力したら、その社員の名前が表示されました。
ということは、どこかに「社員番号○○の人の名前は××」という情報が保管されているはずです。
そうでなければ、ピヨ勤システムは社員番号に対応する名前を表示できません。

この「社員番号○○の人の名前は××」の情報が、ピヨ勤システムにおけるマスターデータ(のひとつ)です。

「社員番号○○の人の名前は××」という情報は、ピヨ勤システムを動かす上で必要なデータですよね。
そして、ピヨ勤システムを動かす前の段階から用意しておく必要があります。
用意しておかなかったら、最初の1人が社員番号を入力したときに、対応する名前を表示できません。

ピヨ勤システムにおける社員情報のように

最初から用意しておく必要があって、何かの基礎となるデータ

がマスターデータです。

勤怠管理システムにおける社員情報をはじめ、売上管理システムにおける商品データや経理システムにおける勘定科目などもマスターデータと呼べるでしょう。
システムを使う最初の段階から入ってないと困るデータたちです。

一方で、勤怠管理システムにおける出退勤情報や、売上管理システムにおける売上データ、経理システムにおける仕分けデータのように、システムを使うことによって蓄積されていくデータはトランザクションデータです。
こちらは、最初の段階では無くても困りません。

マスターデータとトランザクションデータは、できればセットで覚えてあげてください。

マスターデータ:システムを使う前から入れておくデータ
トランザクションデータ:システムを使っていると増えていくデータ


です。

実際のところ、マスターデータの定義って簡単なようで難しいのですけどね。
一般的な説明では「基礎的なデータ」や「基本データ」といった表現を、よく見かけます。
私自身は「システムの最初期段階で入れておく必要のあるデータ」という解釈がしっくりきます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「マスターデータ」って単語が出てきたら「システムを動かす前から入れておく必要のあるデータなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク