[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ERP

pointこの用語のポイント

point企業の持つ資源を統合的に管理するやり方だよ

pointあるいは、企業の持つ資源を統合的に管理するお手伝いをするシステムだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ERPとは

「木を見て森を見ず」にならないように、企業の持っている資源を統合的に管理して効率化を図りまっせ、なやり方のこと。
あるいは

企業の資源を統合的に管理するお手伝いをするシステムやソフトウェアのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ピヨ太君はピヨピヨカンパニーの社長さんです。

ERP

ピヨピヨカンパニーには、営業部門、製造部門、経理部門があります。
他にもあるかもしれませんが、取りあえずはそんなところにしておきましょう。
ぶっちゃけ、ピヨピヨカンパニーの部門構成はきちんと決めてはいません。(メタ発言)

ERP2

営業部門は、売上を上げることに一生懸命です。
経費をガンガン使って接待攻勢をかけることも少なくありません。
そのお陰でお客さまには気に入られているのですが、必要なときに必要な製品が手元に無く、販売機会を逃してしまうこともちょいちょいあります。

製造部門は、良い製品を作ることに一生懸命です。
匠の技で品質の良い製品を作るのですが、妥協を許さないこだわり派な人が多いため、一つ一つの製品ができあがるまでには時間が掛かります。

経理部門は、無駄なお金を使わないことに一生懸命です。
電気はこまめに消す、コピー用紙は裏側を使う、など細かい節約を社員に徹底させていますが、そのせいで他部署の業務効率が落ちていることも否めません。

みんな一生懸命自分たちのお仕事をしています。
ですが、ピヨピヨカンパニー全体で見ると如何でしょう?
必ずしも効率的とは言えませんよね。

営業部門の経費ガンガン接待攻勢が経理部門の足を引っ張っています。
製造部門の品質へのこだわりが営業部門の機会損失を招いています。
経理部門の節約魂が他部署の業務効率を落としています。

このように、部分最適化が必ずしも全体最適化につながるとは限らないのです。

そんな状況を考慮して「もちっと大きな視点で全体を見て、企業の持つ資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を統合的に管理しましょう!」というのが「ERP(イーアールピー)」です。
Enterprise Resource Planning(エンタープライズ・リソース・プランニング)」の略で「ERP」ね。
直訳すると「企業資源計画」です。

というのが本来の「ERP」の意味だと思うのですが、この「企業の持つ資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を統合的に管理しましょう!」をサポートするシステムやソフトウェアのことだとする説明も、よく見かけます。
無理やり日本語で表現すれば「企業資源統合管理ソフトウェア」ですかね。

個人的には「ERP」はあくまで概念や手法を表す言葉と捉えています。
「ERPパッケージ」が、ERPをサポートするシステムやソフトウェアを表す言葉、の解釈です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ERP」って単語が出てきたら「企業の持つ資源を統合的に管理するんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク