[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Bチャネル【ISDN】

pointこの用語のポイント

pointISDN回線におけるデータの通り道だよ

point実際にやり取りしたいデータが通るよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Bチャネル【ISDN】とは

ISDN回線において、実際にやり取りしたいデータが通るところ
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「ISDN」と「チャネル」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ISDNは「電話線を使ったデジタル回線」です。
元々の電話線はアナログ回線です。
アナログ時計さんは通れますが、デジタル時計さんは通れません。

Bチャネル【ISDN】

この電話線の中を、アナログ時計さんではなくデジタル時計さんが通れるようにしたのがISDNです。

Bチャネル【ISDN】2

チャネルは「データの通り道」です。
「チャネル」と言われると分かりにくいかもしれませんけどね。
「チャンネル」と言われればイメージできるのではないでしょうか。

Bチャネル【ISDN】3

さて、実はISDNさんには、データの通り道が2種類あります。

1つは、実際にやり取りしたいデータが通る通り道です。
通信相手に渡したいデータが通ります。

もう1つは、やり取りするために必要な情報が通る通り道です。
例えば「今からこんなデータを送るよ~」な情報とかでしょうか。
いわゆる制御用の情報が通ります。

以上を踏まえて、この2種類の通り道のうち、実際にやり取りしたいデータが通る通り道が「Bチャネル」です。
受け渡ししたいデータが、うにょうにょ通る通り道です。

なお、やり取りするために必要な情報が通る通り道は「Dチャネル」と言います。

BチャネルとDチャネルはセットで覚えてあげてください。
「B」がデータ用です。
「D」が制御用になります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Bチャネル【ISDN】」って単語が出てきたら「ISDNにおいて、やり取りしたいデータが通るところなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク