[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

GROOVE.EXE

pointこの用語のポイント

point「Microsoft SharePoint」の実行ファイルだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

GROOVE.EXEとは

Microsoftさんが作った、なんかよく分からないソフト「Microsoft SharePoint」の実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

Microsoft SharePointは「Microsoftさんが作った、なんかよく分からないソフト」ね。
コンテンツ管理とかいろいろできるらしいですが、私も使ったことがないので、よく分かりません。
機能が盛りだくさんで、一言で「これ!」と言うのは難しそうでした。
取りあえず「Microsoft Office」という名前の事務処理用ソフト群の中の一つです。

GROOVE.EXE

実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

GROOVE.EXE2

それを踏まえて、Microsoft SharePointの実行ファイルが「GROOVE.EXE」です。
こいつを力いっぱいダブルクリックすると、SharePointが起動します。

私の環境(Windows 7 64bit+Microsoft Office 2010)では「GROOVE.EXE」は以下の場所にありました。

%ProgramFiles%\Microsoft Office\Office14\GROOVE.EXE

「Office14」の「14」の部分は、Officeのバージョンによって違います。
数字は、Office 2003であれば「11」、Office 2007であれば「12」、Office 2010であれば「14」、Office 2013であれば「15」となっているはずです。
さらに新しいバージョンのOfficeが発売されれば、この部分の数字も増えていくでしょう。

普通にパソコンさんを使っていて「GROOVE.EXE」を直接目にする機会は、あまりないはずです。
ほとんどの人はスタートメニューやデスクトップとかにあるアイコン(どんなものかを表現したイラスト)から起動するでしょうからね。
もし変なところで見かけたらご注意ください。

%ProgramFiles%\Microsoft Office\Office14\GROOVE.EXE

以外の場所にある場合はウイルスかもしれません。
「GROOVE.EXE」に成りすましているウィルスなんて聞いたことありませんが、念の為、ウィルススキャンをしてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「GROOVE.EXE」って単語が出てきたら「SharePointってソフトの実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク