[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

M2M

pointこの用語のポイント

point機械同士が通信することだよ

point「Machine to Machine」の省略表現だよ

point「機械同士が勝手に(自律的に)」なニュアンスを含むよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

M2Mとは

機械同士が(自律的に)通信すること
です。

image piyo

詳しく書くよ

別に難しい意味ではありません。
機械同士が通信するのが「M2M」です。

M2M

英語の「Machine to Machine(マシーン・トゥ・マシーン)」を省略して「MtoM」、その後「to(トゥー)」を語呂合わせで数字の2(two、トゥー)に置き換えて「M2M」なのでしょう。
B2B」とかとノリは一緒ですね。

M2Mと言った場合は「機械同士が勝手に」なニュアンスを含みます。
小難しい言い方をすると「自律的に」ってやつです。

例えば、パソコンさん同士の通信も機械(パソコン)と機械(パソコン)の通信ですが、これをM2Mとは(あまり)言いません。
パソコンさんを使っているのは人間様ですからね。
これは「人と人の通信」を意図して「H2H(Human to Human)」と呼ばれます。

M2M2

それに対して、店舗のレジに記録された売上金額を自動的に本部の売上管理システムに送るような通信はM2Mと言えるでしょう。
店舗にあるレジ(専門用語で「POS」と言ったりします)は機械、本部にある売上管理システムも機械ですからね。

M2M3

よく分からなければ、ドラえもんの世界を想像してみてください。
ドラえもんとドラミちゃんがパソコン通信をするのは、機械同士の通信なのでM2Mです。

M2M4

のび太君としずかちゃんがパソコン通信をするのは、人間同士の通信なのでH2Hです。

M2M5

私も詳しいことは知りませんが、機械同士が「勝手に(自律的に)」というのがポイントだと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「M2M」って単語が出てきたら「機械同士が通信することなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク