[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

モノのインターネット (IoT)

pointこの用語のポイント

pointいろんなモノがインターネットに接続されるよ

pointコンピュータ以外のモノもだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

モノのインターネット (IoT)とは

「パソコン以外のいろんなモノもインターネットに接続しまっせ」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

昔は、インターネットと言えば、パソコンさんで使うものでした。

モノのインターネット(IoT)

それが、技術の進歩と共に、携帯電話やスマートフォンでも接続するようになりました。

モノのインターネット(IoT)2

もっと技術が進めば、それ以外のあらゆるモノ、今までは考えもしなかったようなモノまでインターネットに接続するようになるでしょう。

モノのインターネット(IoT)3

この、いろーんなモノがインターネットにつながりまっせ!な状態を指す、カッコつけた表現が「モノのインターネット」です。
Internet of Things(インターネット・オブ・スィングス)」を略して「IoT」と表現されることもあります。

例えば、電気・ガス・水道のメーターがインターネットにつながっていたら、わざわざ人の手で検針する必要が無くなって楽そうじゃないですか。
あるいは、ドアがインターネットにつながっていて、その開け閉めを自動で記録するようになれば、泥棒さんが入ってきてもすぐ分かります。
他にも、いろいろなものがインターネットにつながっていれば、今まで以上にいろいろなことができるようになりそうです。

そして、時代の流れとしてはそうなって行くでしょう。

そのように、いろんなモノがインターネットにつながる技術、仕組み、状態等を指す表現が、モノのインターネットです。
ニュアンスとしては「(パソコン以外の)いろんなものもインターネットに接続されまっせ!凄いでしょ!」程度です。
別にたいしたことは言ってないですね。

まぁ、カッコつけたいお年頃なのですよ。
「モノのインターネットがさ~」とか「これからの時代はIoTだからさ~」とか言ってる人を見かけても、遠目に優しく見守ってあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「モノのインターネット(IoT)」って単語が出てきたら「いろいろなモノがインターネットに接続されるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク