[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

DNSサーバ

pointこの用語のポイント

pointサーバだよ

pointIPアドレスとドメイン名の紐付けを管理するよ

pointIPアドレスとドメイン名の変換をするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

DNSサーバとは

ネットワーク上の住所表記に関して、人間様とコンピュータさんの仲立ちをしてくれるコンピュータのこと。
もう少し具体的に書くと

IPアドレスとドメイン名の紐付けを管理したり、IPアドレスとドメイン名の変換を行ってくれるコンピュータのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「IPアドレス」と「ドメイン名」の関係と「DNS」について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

IPアドレスは「コンピュータさん向けのネットワーク上の住所」です。
通信において、送信先を特定するときに使う情報です。
「198.51.100.10」のような形式になっています。

DNSサーバ

ドメイン名は人間様向けのネットワーク上の住所です。
「i-3-i.info」のような形式になっています。

DNSサーバ2

普通のコンピュータさんはIPアドレスしか分かりません。
ドメイン名を見せられても「う~ん、どこの住所だろう」と困ってしまいます。

DNSサーバ3

一方、人間様はIPアドレスがピンときません。
例えば「198.51.100.1」と「198.51.100.10」と「198.51.100.11」の違いなんて、パッと見で分かりませんよね。
うっかりミスも増えそうです。

DNSサーバ4

そのため、コンピュータさんはコンピュータさんが分かりやすい形式の住所(IPアドレス)、人間様は人間様が分かりやすい形式の住所(ドメイン名)を扱えるような仕組みがあります。
具体的には、事前にIPアドレスとドメイン名の対応付けを行っておいて、必要に応じて変換するのです。

DNSサーバ5

このIPアドレスとドメイン名の対応を管理する仕組みを「DNS」と言います。

以上を踏まえて、DNSのお仕事を実際にしてくれているコンピュータさんが「DNSサーバ(ディーエヌエスサーバ)」です。

DNSサーバ6

おっと、突然ですが、ピヨ太君がホームページを見ようとしているようです。
それをちょっと盗み見しつつ、DNSサーバさんのお仕事を見てみましょう。

まずピヨ太君が、見たいホームページの住所を、人間様が分かりやすい形式(ドメイン名)で指定します。
「i-3-i.info」とかそんなんです。

DNSサーバ7

パソコンさんは「i-3-i.info」と言われても「はぁ?」な感じです。
ピヨ太君が指定した住所がどこなのか、さっぱり分かりません。

DNSサーバ8

そこでパソコンさんは、そこら辺の事情に詳しいサーバさんに「なんか、こんなん言われたんだけど、どういうこと?」と問い合わせします。
この問い合わせ先のサーバさんがDNSサーバです。

DNSサーバ9

DNSサーバさんは、問い合わせに対して「あー、それは人間語(ドメイン名)だね。うちらの知ってる言葉(IPアドレス)で言うと、こんなんだよ」とお返事します。
ドメイン名に対して、対応するIPアドレスを教えてあげるのです。

DNSサーバ10

DNSサーバさんの手によって、ドメイン名はIPアドレスに変換されました。
これでパソコンさんは、ピヨ太君がどこの住所を指定したのかが分かります。

DNSサーバ11

あとは、そのIPアドレスのサーバさんに行って、ホームページのファイルを受け取ってくれば、画面にホームページの内容が表示されます。

DNSサーバ12

めでたしめでたし。

これがDNSの基本的な仕組みであり、DSNサーバさんの一番メインのお仕事です。

さて、ここで一つ疑問が出てきます。

DNSサーバさんは、パソコンさんの「このドメイン名に対応するIPアドレスって何?」な問い合わせに対して「そのドメイン名に対応するIPアドレスはこれだよ」と答えてあげました。
もしDNSサーバさんが答えを知らなかったら、どうなるのでしょうね?

DNSサーバさんは全世界のドメイン名とIPアドレスの関係性を覚えているのでしょうか?
もちろん、そんなことはありません。

実はですね。

DNSサーバさんは、答えが分からないときはカンニングをするのです。
偉いDNSサーバさんに答えを教えてもらいます。

せっかくなので、ドメイン名「i-3-i.info」を例にして、DNSサーバさんがカンニングする流れを見ておきましょう。
ちょっとややこしいので、DNSの仕組みにあまり興味の無い方は読み飛ばしてください。

まず予備知識として、ドメイン名

i-3-i.info



「info」にある「i-3-i」

を意味します。
これが

wa3.i-3-i.info

になると

「info」にある「i-3-i」にある「wa3」

の意味になります。
書く順番が左右逆ですが、構造自体は普通の住所と一緒です。

パソコンさんから「『i-3-i.info』のIPアドレスは何?」と訊かれたDNSサーバさんですが、答えを知りませんでした。

DNSサーバ13

そこでDNSサーバさんは、一番偉い長老DNSサーバ(DNSルートサーバ)に、お伺いを立てます。

DNSサーバ14

しかし、長老は多忙な上に高齢です。
要するに、そんな細かいことをいちいち覚えていません。
そこで長老は「『.info』のことならあやつに訊け!」と次に誰に訊けば良いかを教えてあげました。

DNSサーバ15

ヒントを貰ったDNSサーバさんは、次に「.info」に関する情報を管理している偉いDNSサーバ(権威DNSサーバ)さんに「『i-3-i.info』のIPアドレスをご存じありませんか?」と尋ねます。

DNSサーバ16

おっと、「.info」に関する情報を管理している偉いDNSサーバさんはドメイン名「i-3-i.info」に対応するIPアドレスを知っていたようです。
「そのドメイン名に対応するIPアドレスはこれだよ」と教えてくれました。

DNSサーバ17

さて、これでドメイン名に対応するIPアドレスが分かりました。
パソコンさんから問い合わせを受けたDNSサーバさんはホッと一安心です。
パソコンさんに「『i-3-i.info』のIPアドレスはこれだよ~」と答えてあげます。

DNSサーバ18

これでひとまず仕事は終わりです。
いや~、面倒くさかったですね。
何度も偉いDNSサーバさんたちのお手をわずらわせたのも恐縮です。

そこでDNSサーバさんは今回分かったドメイン名とIPアドレスの組み合わせを自分の中にメモっておきます。
次に同じ問い合わせが来た時に、ささっと答えられるように備えておくのです。

DNSサーバ19

この自分の中にメモっておく仕組みは「キャッシュ」と言いますよ。

これがDNSサーバさんがカンニングするときの流れです。
今回の例では「.info」を管理している偉いDNSサーバさんが対応するIPアドレスを知っていましたが、知らない場合もあります。
「.info」を管理している偉いDNSサーバさんは確かに「.info」に関する情報をすべて管理していますが、実際には全部を自分で管理しているとは限りません。
例えば「『i-3-i.info』に関する管理は、おまえがしてよ」のように、他のDNSサーバさんに管理を委託している場合があるのです。

委託している場合は、委託先のDNSサーバを紹介してくれます。
「あとはお前の方で勝手に聞け」と言いたいわけです。

あとは、これの繰り返しです。
委託先の紹介を繰り返すことで、最終的には問い合わせたドメイン名と対応するIPアドレスを知っている偉いDNSサーバさんに行きあたるってな理屈です。

DNSサーバ20

DNSサーバ21

ここまでの話で気付いたかもしれませんが、一口に「DNSサーバ」と言っても、役割の違う二種類のDNSサーバさんがいます。

一つは、どんな手を使おうともお問い合わせに答えてあげるのがお仕事のDNSサーバさんです。
フルサービスリゾルバ」という名前で、問い合わせに対して(キャッシュを見て)答えが分かれば答えてあげる、分からなければ偉いDNSサーバさんに代わりに問い合わせてくれます。
偉いDNSサーバさんに問い合わせて分かったことを自分の中に記録しておくので「DNSキャッシュサーバ」と呼ばれる場合もあります。

DNSサーバ22

もう一つは、自分の管理している情報を教えてあげるのがお仕事のDNSサーバさんです。
権威DNSサーバ」や「DNSコンテンツサーバ」という名前で、問い合わせに対して、自分の管理している情報を教えてあげます。
自分の管理している情報にドメイン名とIPアドレスの対応が書いてあればそれを教えてあげますし、自分では管理していないけど委託していれば、委託先を教えてあげます。全然分からんちんな問い合わせであれば「知らない」と答えます。

DNSサーバ23

お仕事自体はIPアドレスとドメイン名の対応を管理して問い合わせに答えるだけですが、実際の仕組みは中々に複雑ですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「DNSサーバ」って単語が出てきたら「IPアドレスとドメイン名の変換を行ってくれるサーバなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク