[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コンポジット端子 (composite connector)

pointこの用語のポイント

point映像・音響機器を接続するための端子だよ

point黄色、赤、白の三つの端子で、黄色を映像が、赤と白を音声が通るよ

point映像と音声が通るよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

コンポジット端子 (composite connector)とは

テレビやオーディオなどの映像・音響機器を接続するための端子で、黄色・赤・白の三つの挿すところが付いている物
です。

image piyo

詳しく書くよ

映像・音響機器を接続するための端子のうち、黄色・赤・白の三つの挿すところが付いている端子が「コンポジット端子」です。
黄色のところを映像が、白と赤のところを音声が通ります。

コンポジット端子

私も詳しいことは知りませんが、映像を映すためには何種類かの信号を送る必要があるらしくてですね。
その何種類かの信号を一つに合成して、黄色の中を通してやるのだそうです。
受け取った方では、その合成された信号を元の形に復元することで、何種類かの信号を受け取るらしいですよ。
合成したり復元したりする関係上、映像の劣化?が起こりやすいようです。

ついでなんで書いておくと、赤と白のところはステレオ信号が通るそうです。
音ですね、音。

「そう」とか「らしい」が多くてごめんなさいね。
映像・音響関係は専門外なので、私もよく知らないのです。

ちなみに、色違いで「コンポーネント端子」なんていうのもありますが、こちらは赤・青・緑の端子です。

コンポジット端子2

コンポジット端子が映像と音声を送れるのに対し、コンポーネント端子が送れるのは映像のみです。
音声を送るためには、別途、音声用の端子を接続してあげる必要があります。

なんとかペディアによると、緑のところを輝度・同期信号が、赤と青のところを色差信号とかいうのが通るらしいですよ。
ふーん、って感じですね。

コンポジット端子とコンポーネント端子の大きな違いは、音声が送れるかと画質ですかね。
コンポジット端子は音声を送れますが、コンポーネント端子は送れません。
またコンポジット端子よりもコンポーネント端子の方が画質は綺麗になるようです。

コンポジット端子にしろ、コンポーネント端子にしろ、基本的には、挿す方と挿される方の色を合わせてあげれば問題は無いはずです。
それ以外の細かいことが気になる人は、他のところでお勉強してください。

あっ、そうそう。
これらの映像・音響機器を接続するための端子は、まとめて「RCA端子」と呼ばれたりもするらしいですよ。
余裕があれば、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「コンポジット端子」って単語が出てきたら「黄色・赤・白の三つの挿すところが付いている、映像・音響機器を接続するための端子なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク