[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コンポジット (composite)

pointこの用語のポイント

point複数の物を合体したよ

point一つにまとめたよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

コンポジット (composite)とは

複数の物を合体して一つにまとめた物
です。

image piyo

詳しく書くよ

何かと何かを合体して一つにまとめたのが「コンポジット」です。

コンポジット

日本語にすると「複合」とか「合成」ですかね。
映像の世界では「合成」という意味合いで使われることが多いです。

例えば、映像機器や音響機器を接続するときに使う端子のうち、輝度信号と色信号、同期信号をまとめてひとつの端子でやり取りする端子を「コンポジット端子」と言ったりします。
赤・白・黄色のそれぞれの色の挿すところが付いていて、黄色を映像が、白と赤を音声が通る端子です。
映像関係のいくつかの信号は、ひとつに合成されて黄色の端子の中を通るので「コンポジット」端子と呼ばれているのでしょう。

コンポジット2

他の例はパッと思い浮かびませんが、いずれにせよ「複合」か「合成」に読み替えれば意味は掴めると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「コンポジット」って単語が出てきたら「複数の物を合体した物なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク