[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Ruby on Rails

pointこの用語のポイント

pointフレームワーク(プログラムのひな形)だよ

pointプログラミング言語の「Ruby」でプログラムを作るときによく使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Ruby on Railsとは

プログラミング言語「Ruby」でよく使われるフレームワーク(システム開発を楽に行えるように用意された、プログラムとかのひな形)
です。

image piyo

詳しく書くよ

プログラミング言語は「プログラムの元ネタ(ソースコード)を書くときに使う言葉」ね。
プログラミング言語で書いたプログラムの元ネタを、コンピュータさんが分かる言葉に翻訳する(コンパイル)ことで、実際に動くプログラムになります。

Ruby on Rails

世の中には、たくさんのプログラミング言語がありますが、その中のひとつに「Ruby」という名前のプログラミング言語があります。

Ruby on Rails2

このRubyさん、もちろん単体でもプログラムを作れるのですが、あまりやりません。
ちょー便利なフレームワーク(システム開発を楽に行えるように用意された、プログラムとかのひな形)があるので、そのフレームワークと組み合わせてプログラムを作ります。

その「ちょー便利なフレームワーク」が「Ruby on Rails(ルビー・オン・レイルズ)」です。

RubyはWeb系のシステムを作るときによく使うプログラミング言語ですが、大体はRuby on Railsと一緒に使います。

フレームワーク「Ruby on Rails」を使って、プログラミング言語「Ruby」で書いたシステムを作る

が正確な表現ではあるのですが、

Rubyで書くってことは、フレームワーク「Ruby on Rails」を使うよね?当たり前だよね?

な前提でもって

「Ruby on Rails」でシステムを作る

といった言い回しになることが、よくあります。

そのため「Ruby on Rails」をプログラミング言語と勘違いする人がいるようです。

「Ruby on Rails」は、あくまでプログラミング言語「Ruby」のフレームワーク(プログラムのひな形)です。
ただし、プログラミング言語「Ruby」でプログラムを作る場合は、その多くがフレームワーク「Ruby on Rails」を使います。
そのため

「Ruby」=「Ruby on Rails」

みたいな言い回しになることがあるのです。
「Rubyで作るってことはRuby on Railsを使うよね?」あるいは「Ruby on Railsを使うってことはRubyだよね?」の前提を元に、暗黙で読み替えているのだと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Ruby on Rails」って単語が出てきたら「プログラミング言語『Ruby』のフレームワークなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク