[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

DNS

pointこの用語のポイント

pointシステム(仕組み)だよ

pointIPアドレスとドメイン名の紐付けを管理するよ

pointIPアドレスとドメイン名の変換をするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

DNSとは

ネットワーク上の住所表記に関して、人間様とコンピュータさんの仲立ちをしてくれるシステムのこと。
もう少し具体的に書くと

IPアドレスとドメイン名の紐付けをしまっせシステムのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「IPアドレス」と「ドメイン名」の関係を説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

IPアドレスは「コンピュータさん向けのネットワーク上の住所」です。
通信において、送信先を特定するときに使う情報です。
「198.51.100.10」のような形式になっています。

DNS

ドメイン名は人間様向けのネットワーク上の住所です。
「i-3-i.info」のような形式になっています。

DNS2

普通のコンピュータさんはIPアドレスしか分かりません。
ドメイン名を見せられても「う~ん、どこの住所だろう」と困ってしまうのです。

DNS3

それでは全部IPアドレスで管理しましょうか。

ですが、そうすると今度は人間様が困ります。
例えば「198.51.100.1」と「198.51.100.10」と「198.51.100.11」の違いなんて、パッと見で分かりませんよね。
うっかりミスも増えそうです。

DNS4

そこで、コンピュータさんはコンピュータさんが分かりやすい形式の住所(IPアドレス)、人間様は人間様が分かりやすい形式の住所(ドメイン名)を扱えるようにしました。
具体的には、事前にIPアドレスとドメイン名の対応付けを行っておいて、必要に応じて変換するのです。

DNS5

以上を踏まえて、IPアドレスとドメイン名の対応を管理する仕組みが「DNS」です。
Domain Name System(ドメイン・ネーム・システム)」の略で「DNS」ね。

おっと、突然ですが、ピヨ太君がホームページを見ようとしているようです。
それをちょっと盗み見しつつ、DNSの仕組みを見てみましょう。

まずピヨ太君が、見たいホームページの住所を、人間様が分かりやすい形式(ドメイン名)で指定します。
「i-3-i.info」とかそんなんです。

DNS6

パソコンさんは「i-3-i.info」と言われても「はぁ?」な感じです。
ピヨ太君が指定した住所がどこなのか、さっぱり分かりません。

DNS7

そこでパソコンさんは、そこら辺の事情に詳しいサーバさん(DNSサーバさん)に「なんか、こんなん言われたんだけど、どういうこと?」と問い合わせします。

DNS8

DNSサーバさんは、問い合わせに対して「あー、それは人間語(ドメイン名)だね。うちらの知ってる言葉(IPアドレス)で言うと、こんなんだよ」とお返事します。
ドメイン名に対して、対応するIPアドレスを教えてくれるのです。

DNS9

DNSサーバさんの手によって、ドメイン名はIPアドレスに変換されました。
これでパソコンさんは、ピヨ太君がどこの住所を指定したのかが分かります。

DNS10

あとは、そのIPアドレスのサーバさんに行って、ホームページのファイルを受け取ってくれば、お仕事は完了です。

DNS11

めでたしめでたし。

これがDNSの基本的な仕組みです。
実際にはもう少し複雑なことをやっていますが、難しいことは専門的に解説しているところで情報を補完してください。

今回は「人間様が分かりやすい形式(ドメイン名)」から「コンピュータさんが分かりやすい形式(IPアドレス)」に変換する例を書きましたが、もちろん逆もあります。
ドメイン名からIPアドレスに変換するのは「正引き」と言います。
IPアドレスからドメイン名に変換するのは「逆引き」です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「DNS」って単語が出てきたら「IPアドレスとドメイン名の対応を管理する仕組みなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク