[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

レプリケーション (replication)

pointこの用語のポイント

point複製品(レプリカ)を作っておくことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

レプリケーション (replication)とは

複製品(レプリカ)を作っておくこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「複製品を作っておくこと」が「レプリケーション」です。
何の複製品を指すかは登場シーンによって変わってきます。

レプリケーション

コピーしたもの(複製品)を「レプリカ」と言ったりしますよね。
そのレプリカを用意しておく作業がレプリケーションです。

レプリケーションという用語がよく出てくるのは、データベース関連でしょうか。
データベースは「データを入れておく箱」ね。

レプリケーション2

データベースの分野でレプリケーションという用語が出てきた場合は、オリジナルのデータベースと同じ物を用意して、そっちにも同じデータを入れておく機能を指します。

レプリケーション3

要は、データベースの複製品(レプリカ)を作っておくのです。
オリジナルのデータベースが壊れたときには、複製品にお仕事の続きをやってもらいます。

レプリケーション4

他の分野でも「レプリケーション」という言葉を見かける機会はあるかもしれませんが、基本的には「複製する」と読み替えれば意味は通じると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「レプリケーション」って単語が出てきたら「複製しておくんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク