[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

DisplayPort

pointこの用語のポイント

pointディスプレイと機器を接続するための規格だよ

pointDVIの後継狙いだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

DisplayPortとは

ディスプレイと機器を接続するための規格(の一つ)
です。

image piyo

詳しく書くよ

ここに一つのディスプレイがあります。

DisplayPort

このディスプレイにパソコンをつなぎます。

DisplayPort2

パソコンからディスプレイに情報を送って表示させます。

DisplayPort3

この「ディスプレイに情報を送って表示させる」ための規格の一つが「DisplayPort」です。
有名どころでは、他に「HDMI」なんて規格もあります。

ディスプレイに情報を送って表示させる規格には、もともと「DVI」という有名な奴がいました。

DisplayPort4

こいつが世の中を席巻していたのですが、デジタル家電向けに「HDMI」という規格が登場したのですね。

DisplayPort5

ただまぁ、HDMIさんはデジタル家電向けに考えられた規格ですからね。
パソコン業界では「う~ん、HDMIさんのお世話になっても良いんだけどね。もうちょっと、かゆい所に手が届きそうなのが欲しいな~」と感じる人も多かったのです。
ぶっちゃけ、DVIさんもHDMIさんも、これからのことを考えると物足りないのですよ。

DisplayPort6

そこで生まれたのがDisplayPortさんです。
DisplayPortさんは「俺がDVIさんの遺志を継ぐぜ!」とやる気満々です。

DisplayPort7

つまりDisplayPortさんは、パソコン業界におけるDVIの後釜を狙った規格と言えます。

DisplayPortとHDMIの違いで悩む人もいるようですが、ものすごい大雑把に言えば、DisplayPortがパソコン用、HDMIがデジタル家電用の規格です。
実際にはもっといろいろ複雑ですが、最初の第一歩の理解としては、それで十分だと思います。
何となくイメージがつかめたら、専門的に解説しているところで情報を補完してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「DisplayPort」って単語が出てきたら「ディスプレイと機器を接続するための規格なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク