[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.swf【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

point編集できないFlashファイルに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.swf【拡張子】とは

編集できないFlashファイルによく付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「Flash」と「拡張子」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

Flashは「ホームページ上で絵を動かしたり音を出したりする技術(のひとつ)」です。

.swf

ホームページを見ていると、絵がぐいんぐいん動いていたり、その絵の動きに連動して音が出ていたりするのを見かけたことがあるはずです。
あるいは、オセロとか将棋とか、ちょっとしたゲームがホームページ上で遊べるようになっていることもあるでしょう。

これらのことを実現する技術はいくつかありますが、その中の1つがFlashです。
ホームページ上でアニメーションする絵や、操作に応じて特定の動きをするゲームや、他にもなんかいろいろ作れます。

.swf2

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.swf3

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.swf4

以上を踏まえて、編集できないFlashのファイル(Flashの技術を使って作ったファイル)に付く拡張子が「.swf」です。

.swf5

普通に作ったFlashのファイルは編集可能です。
ですが、それをそのまま公開してしまうと、知らない人に勝手に改造されてしまうかもしれません。

それは何となく嫌ですよね?

そこで、作ったFlashファイルを公開する際には、編集できない形式に変換してから公開します。
この編集できない形式のFlashファイルに付く拡張子が「.swf」です。

ちなみに、編集可能な形式のFlashファイルの拡張子は「.fla」です。
せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

.swf6

「swf」の読み方については「スウィッフ」が正解らしいです。
「エスダブリューエフ」と普通にアルファベット読みをしている人もいますけどね。

拡張子が「.swf」のファイルはWebブラウザ(ホームページを見るときに使うソフト)や専用のソフトで見ることができます。

正確にはWebブラウザに組み込まれている「Adobe Flash Player」というソフトによって見ることができるのですが、有名どころのWebブラウザには大体Adobe Flash Playerが組み込まれています。
そのため、Webブラウザで見られると考えて、かまいません。

あるいは、世の中には拡張子が「.swf」のファイルを再生するソフトもあったりします。
私は使ったことがありませんけどね。
私が拡張子「.swf」のファイルを見るときは、Webブラウザを開いて、そこにドラッグ&ドロップする形で見ています。

繰り返しになりますが、拡張子が「.swf」のファイルは編集できないFlashファイルです。
ですから、拡張子が「.swf」のファイルを編集するソフトはありません。

どうしても編集したい場合は、専用のソフトを使って、無理やり拡張子「.fla」のファイル(編集可能なFlashファイル)に変換します。
それから、拡張子「.fla」のファイル(元「.swf」ファイル)を編集するという手順を踏むことになります。

ただし、必ずしも上手く行くとは限りません。
ご注意ください。
「.swf」→「.fla」の変換は、変換ソフトさんが「この.swfは、もともとは多分こんな.flaだったんじゃないかな?」と推測して変換してくれます。
あくまで推測を元に変換するので、必ず元の「.fla」にできるわけではありません。
良い感じに戻せない場合もあります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.swf」って拡張子が付いていたら「編集できないFlashファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク