[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Flash

pointこの用語のポイント

pointホームページで動く絵を作る技術だよ

pointゲームを作ったりもできるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Flashとは

ホームページ上で絵を動かしたり音を出したりする技術(の一つ)。
あるいは

ホームページ上で絵を動かしたり音を出したりする技術(の一つ)によって作られた物。
あるいは

ホームページ上で絵を動かしたり音を出したりする技術(の一つ)によって物を作るためのソフト
です。

image piyo

詳しく書くよ

ズバリ!これ!と言うのが、なかなか難しいのですけどね。

みなさんがホームページを見ているときに、絵がぐいんぐいん動いていたり、その絵の動きに連動して音が出ていたりするのを見かけたことがあるはずです。
あるいは、オセロとか将棋とか、ちょっとしたゲームがホームページ上で遊べるようになっていることもあるでしょう。

Flash

これらのことを実現する技術はいくつかあるのですが、その中の一つが「Flash」です。
ホームページ上でアニメーションする絵や、操作に応じて特定の動きをするゲームや、他にもなんかいろいろ作れます。

Flash2

現在の正式名称は「Adobe Flash」ですが、あまり気にする必要はありません。
会社が買収されたりして「Shockwave Flash」や「Macromedia Flash」など、ちょいちょい名前が変わっています。
将来的にも、変わるかもしれません。

なお、イメージしやすいように「技術」と書きましたが、正確には「規格」です。
あるいは、その規格に沿って作った物自体や、その物を作るときに使うソフトを指して「Flash」と表現します。

とにかく、ホームページ上で動くなんかですよ。
動画だったりゲームだったり、それ以外だったりです。
それらを実現する規格か物自体、あるいは作成するソフトを指します。

また、Flashファイル拡張子は「.fla」や「.swf」などです。
「.fla」と「.swf」の違いは、大雑把に書くと

・「.fla」:編集可能
・「.swf」:編集不可(読み取り専用)


となります。

一般的には、Flashを作成するソフトでぽちぽち作ったFlashを手元に保存する際には「.fla」で保存します。
後で変更するかもしれないからです。
それをホームページに載せるときは、拡張子「.swf」の形式に変換してから載せます。
「.fla」のままでは、それを見た不特定多数の人に改変される恐れがあるからです。
「.swf」にして、見ることはできても編集はできないようにします。

そのため、みなさんがホームページ上で見るFlashのファイルの拡張子は「.swf」になっていると思います。
逆に言えば、拡張子が「.swf」のファイルは、Flashのファイルだと思って結構です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Flash」って単語が出てきたら「ホームページで動く絵を作る技術(の一つ)か、その技術を使って作った物か、その物を作るためのソフトのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク