[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

E-IDE

pointこの用語のポイント

pointコンピュータとハードディスクや光学ドライブを接続するための規格だよ

pointIDEのちょっとパワーアップした版だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

E-IDEとは

コンピュータにハードディスクとかを接続するための規格の一つで、IDEのちょっとパワーアップした版
です。

image piyo

詳しく書くよ

パソコンさんの蓋をパカっと開けると分かりますが、ハードディスクは、マザーボードと呼ばれるパソコンさんの中心となる部品に線でくっついています。
もう少しふんわりと表現すると、ハードディスクはパソコンさんにくっつけて使うのです。

このパソコンさんとハードディスクをくっつけるときの決まり事、コンピュータとハードディスク等の接続に関する規格の一つに「IDE」と呼ばれるものがあります。

E-IDE

このIDEの、ちょっとパワーアップした版が「E-IDE」です。
E-IDEの「E」は「Enhanced」を意味します。
Enhancedは「高める」とか「強める」の意味ね。

なお「とか」や「等」と付けているのは、くっつけるものが必ずしもハードディスクとは限らないからです。
CDドライブDVDドライブなどの光学ドライブも含みます。

あれ?
確かウルトラATA(UATA)の説明にも「IDEのちょっとパワーアップした版」と書いてありましたね。
何が違うのでしょう?

答えはズバリ!
ウルトラATA(UATA)の説明において、私がE-IDEの存在に触れなかっただけです。

実際には、IDEに足りなかったあれこれを足したのがE-IDEです。
そしてE-IDEの後にウルトラATA(UATA)が登場しています。

他にも説明を端折ってるところは多々あるので、具体的な流れが知りたい方は、何とかペディアさんとかのお世話になってください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「E-IDE」って単語が出てきたら「コンピュータとハードディスクとかを接続するための規格なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク