[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ウルトラATA (UATA)

pointこの用語のポイント

pointコンピュータとハードディスクや光学ドライブを接続するための規格だよ

pointIDEのちょっとパワーアップした版だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ウルトラATA (UATA)とは

「IDE」のこと。(ちょっと嘘)
もう少しきちんと書くと

コンピュータにハードディスクとかを接続するための規格の一つで、IDEのちょっとパワーアップした版
です。

image piyo

詳しく書くよ

パソコンさんの蓋をパカっと開けると分かりますが、ハードディスクは、マザーボードと呼ばれるパソコンさんの中心となる部品に線でくっついています。
もう少しふんわりと表現すると、ハードディスクはパソコンさんにくっつけて使うのです。

このパソコンさんとハードディスクをくっつけるときの決まり事、コンピュータとハードディスク等の接続に関する規格の一つに「IDE」と呼ばれるものがあります。

ウルトラATA(UATA)

このIDEの、ちょっとパワーアップした版が「ウルトラATA(UATA)」です。

なお「とか」や「等」と付けているのは、くっつけるものが必ずしもハードディスクとは限らないからです。
CDドライブDVDドライブなどの光学ドライブも含みます。

実際には細かい違いがあったりなかったりしますが、IDEATA、ウルトラATA(UATA)、パラレルATA(PATA)は、すべて同じものだと思って構いません。
このIT用語辞典は何となく理解していただくのが目的ですからね。
細かい違いは気にしなくて良いです。

えっ?
細かい違いも説明しろですか?

ざ、ざっくりとですよ。
何となくで説明しますからね。

まず、どこかの会社さんが「IDE」という規格を作りました。

これを元に、どこかの団体さんが「ATA」という名前で標準化しました。
今までローカルルールだったものを共通ルールとして整備したとお考えください。
名前は違いますが、ほぼ同じものだと思って構いません。

このATAをパワーアップさせて「ウルトラATA(UATA)」を作りました。
ちょっと小難しい言い方をすると「ATAの拡張仕様」って奴です。
だから、まぁ、ATAの親戚みたいなものですよ。

さて、このATAですが、接続するときの線は複数です。
複数の線が集まった一つのぶっとい線で、ハードディスクとマザーボードをくっつけます。
ですから、データの通り道も複数車線です。

ウルトラATA(UATA)2

そんな複数車線のATAですが、技術の進歩と共に、一車線しかないATAが登場しました。
速度を追求していったら、もろもろの事情により「一車線の方が良いんじゃね?」になったのです。

ウルトラATA(UATA)3

この一車線しかないATAを「シリアルATA(SATA)」と呼びます。
それに対して、従来の複数車線あるATAを「パラレルATA(PATA)」と呼びます。

違いとしては、そんなところです。

まとめると、IDEがATAになり、パワーアップしたのがウルトラATA(UATA)です。
これらの複数の線で接続するATAはパラレルATA(PATA)と呼ばれます。
それに対して、一本の線で接続するATAはシリアルATA(SATA)です。

一般的には、IDE、ATA、ウルトラATA(UATA)は、すべて同じ物として扱われます。
規格としては似たり寄ったりで、互換性があるというか、ほぼ同じものだからです。
また、これらを指してパラレルATA(PATA)と表現することもあります。

ただし、これらの規格とシリアルATA(SATA)は区別されます。
接続するときに使う線の本数が違うので、互換性がありません。
無理やりくっつけたい場合は途中で変換する必要が生じるからです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ウルトラATA(UATA)」って単語が出てきたら「コンピュータとハードディスクとかを接続するための規格なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク