[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

IDE

pointこの用語のポイント

pointコンピュータとハードディスクや光学ドライブを接続するための規格だよ

point昔、主流だった奴だよ(今はSATAが主流だよ)

point複数の線を集めた1つのぶっとい線で接続するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

IDEとは

コンピュータにハードディスクとかを接続するための規格の一つで、SATAが出てくるまで主流だった奴
です。

image piyo

詳しく書くよ

パソコンさんの蓋をパカっと開けると分かりますが、ハードディスクは、マザーボードと呼ばれるパソコンさんの中心となる部品に線でくっついています。
もう少しふんわりと表現すると、ハードディスクはパソコンさんにくっつけて使うのです。

このパソコンさんとハードディスクをくっつけるときの決まり事、コンピュータとハードディスク等の接続に関する規格の一つが「IDE」です。

IDE

「とか」や「等」と付けているのは、くっつけるものが必ずしもハードディスクとは限らないからです。
実際には、CDドライブDVDドライブなどの光学ドライブも含みます。

IDEは昔、「パソコンとハードディスクをくっつけ隊」の隊長として第一線で活躍していました。
ですが、技術が進歩して「シリアルATA(SATA)」という奴が登場したのですね。
それに伴い、IDEは隊長の座をSATAに奪われてしまいました。

つまり、IDEは昔主流だった奴で、今はSATAが主流ということです。
知識として覚えておくのは良いことですが、実際にIDEの規格のものを使ってうんたらかんたらする機会は減っていくと思います。

ちなみに、IDEとSATAの違いは、一言で言ってしまえば線の数です。
IDEが複数の線を集めた一つのぶっとい線で接続するのに対し、SATAは一本の線で接続します。
IDEが複数車線ある道路でSATAが一車線しかない道路だと思ってください。

IDE2

一見すると、複数車線あるIDEの方が同じ時間でたくさんの車(データ)が移動できそうですよね。
道路が二車線なら移動できる車の数も二倍です。

ですが、そう単純な話ではないのです。

車と違ってデータは、順番が大切です。
例え複数車線あろうとも、追い越し禁止です。
ヨーイ!ドンで一緒に出たデータは一緒に入らなくてはいけません。
どれか一台が遅れていたら、そいつの到着を待つ必要があります。
何だかんだで足並みを揃える必要があるのです。

ちょっと面倒くさいですよね。

それに対して、一車線であれば単純です。
どんなに頑張っても追い越しようがありませんからね。
何も考えずにアクセルを踏めば良いのです。
アクセルを踏めば踏むほどスピードはどんどん出ます。

昔はたくさんのデータを一気に流した方が速かったのです。
ですが、技術の進歩により、速くなればなるほど足並みを揃えるのにかかる時間が無視できなくなりました。

さらに時代は進み、とうとう「例え一車線しかなくても、足並みを揃えるのにかかる時間を無くした方が速いんじゃね?」な時代がやってきました。
それが、主流がIDEからSATAに移った理由です。

なお、IDEは「パラレルATA(PATA)」と表現されることも多いです。
一本の線で接続する新しいIDEっぽい規格が「シリアルATA(SATA)」なので、それと比較する形で、複数の線で接続する古いIDEを「パラレルATA(PATA)」と呼びます。

IDEの説明としては、そんなところでしょうか。

……あっ、そうそう。
IDEと直接的な関係はないのですが、大事なことを書くのを忘れていました。

同じ「IDE」と呼ばれる奴で「統合開発環境(IDE)」という用語があります。
統合開発環境は「必要な物が全部詰まった開発環境」です。
まったく違うものなのでご注意ください。
プログラミング関連で出てきたら統合開発環境を意味するIDEで、ハードウェア関連で出てきたら本ページで解説しているIDEを指すと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「IDE」って単語が出てきたら「コンピュータとハードディスクとかを接続するための規格なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク