[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

仮想NIC (virtual NIC)

pointこの用語のポイント

pointコンピュータの中に作られたNIC(ネットワークカード)だよ

pointソフトウェアを使って擬似的に再現したよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

仮想NIC (virtual NIC)とは

コンピュータの中に作られた、なんちゃってNIC(ネットワークカード)のこと。
もう少し真面目に書くと

ソフトウェアを使ってコンピュータ内に擬似的に再現したネットワークカードのこと
です。
よく分からなければ

二次元の世界にあるネットワークカード
だと思っても構いません。

image piyo

詳しく書くよ

仮想」+「NIC」で「仮想NIC」です。

仮想NIC

仮想は「なんちゃって」ね。
よく「仮想○○」という形で登場します。
意味は「なんちゃって○○」です。
もう少しカッコ付けて書くと「コンピュータの中に疑似的に再現した○○」です。

仮想NIC2

NICは「LANケーブル(インターネットをするときにパソコンにつなぐ線)を挿す穴がくっついている、パソコンに合体させる部品」です。
ネットワークカードLANカードとも呼ばれます。
※「NIC」より「ネットワークカード」の方がパッと見で意味を掴みやすいと思うので、本ページでは以降「NIC」を「ネットワークカード」と書きます。

仮想NIC3

以上を踏まえて、ソフトウェアを使ってコンピュータの中に擬似的に再現したネットワークカードが「仮想NIC」です。
幻覚みたいなものですね。
コンピュータさんだけに見えているネットワークカードです。
実際にはありませんが、コンピュータさんはネットワークカードがあると認識します。

仮想NIC4

例えば、ソフトウェアを使ってコンピュータ内に擬似的に再現したコンピュータは「仮想マシン」と呼ばれます。
コンピュータの中に作られた、なんちゃってコンピュータです。

仮想NIC5

ソフトウェアを使ってコンピュータ内に擬似的に再現したスイッチは「仮想スイッチ」と呼ばれます。
コンピュータの中に作られた、なんちゃってスイッチです。

仮想NIC6

同じ理屈で、ソフトウェアを使ってコンピュータ内に擬似的に再現したネットワークカードが「仮想NIC」です。
コンピュータの中に作られた、なんちゃってネットワークカードですね。

仮想NIC7

仮想NICは、仮想マシンのネットワークカードとして使われたり、VPN(なんちゃって専用回線サービス)を作るときに使われます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「仮想NIC」って単語が出てきたら「コンピュータの中に作られたネットワークカードなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク