[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Apache Tomcat

pointこの用語のポイント

pointソフトだよ

pointJava Servletを動かすときに使うよ

point(簡易的な)Webサーバの機能も付いているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Apache Tomcatとは

Java Servletを動かすときに必要なソフト(サーブレットコンテナ)のひとつ
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

Java
Java Servlet
サーブレットコンテナ


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

Javaプログラミング言語のひとつです。
プログラムの元ネタ(ソースコード)を書くときに使う言葉です。

Javaを生み出した人は、このプログラミング言語を使って、いろいろなプログラムを作れるようにしました。

その中の1つに、ホームページのファイルを置くサーバWebサーバ)で動くJavaプログラムがあります。
この「Webサーバ上で動くJavaプログラム」を「Java Servletサーブレット、Servlet)」と言います。

Apache Tomcat

さて、Java Servletさんですが、実は単独ではお仕事ができません。
とあるソフトのお世話になって、はじめてお仕事ができます。

その「とあるソフト」を「サーブレットコンテナ」と言います。
サーブレットコンテナさんが、Java Servletさんを、ちまちま動かしてくれるのです。

以上を踏まえて、本題です。

サーブレットコンテナと呼ばれるソフトは、いろいろあります。
その「いろいろあるサーブレットコンテナのひとつ」が「Apache Tomcat(アパッチ・トムキャット)」です。
一般的には「Apache」を付けずに、単に「Tomcat」と表現されることが多いはずです。
※本ページでも、以降は「Tomcat」と表記します。

大前提として、TomcatはJava Servletを動かすときに必要なソフトです。
本職はサーブレットコンテナです。

ただし、作ったJava Servletの動作確認ができるように(簡易的な)Webサーバとしての機能も持っています。

そのため、Apache(全世界的に普及しているWebサーバのソフト)との違いで悩む人もいるようです。
確かに、Tomcatだけ(Apache無し)でも動くといえば動きますからね。

これはApacheさんとTomcatさんの本来のお仕事を考えれば区別できます。

Tomcatさんは、あくまでサーブレットコンテナとしてのスペシャリストです。
Webサーバとしては「まぁ、やれないことはないよ」レベルです。
それに対してApacheさんは「Webサーバとしては俺の右に出るものはねーぞ!」なスペシャリストです。
それぞれの本来のお仕事は

Tomcat:サーブレットコンテナ
Apache:Webサーバ


になります。

これがApacheとTomcatの違いです。
区別はつきましたか?

あっ、そうそう。
ついでなので書いておくと、本格的にやるときはApacheとTomcatを連携させて両方使います。
Tomcat単体でも何とかならないことはありませんが、あえてApacheさんに出張ってもらうのです。
Webサーバとしての機能はWebサーバのスペシャリストであるApacheさんに頑張ってもらいます。
サーブレットコンテナとしてのお仕事はTomcatさんが行います。

一人で不得意分野も掛け持ちで行うよりは、得意分野を分担して二人で行った方が、良い感じになりそうですよね?
それがApacheとTomcatを連携させる理由です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Apache Tomcat」って単語が出てきたら「Java Servletを動かすソフトのひとつなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク