[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Webコンテナ

pointこの用語のポイント

pointソフトだよ

pointJava Servletを動かすときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Webコンテナとは

Java Servletを動かすときに必要なソフト
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「サーブレットコンテナ」の説明と同じです。既に「サーブレットコンテナ」の説明をご覧になった方は、読んでも意味が無いと思います。

Javaプログラミング言語の一つね。
プログラムの元ネタ(ソースコード)を書くときに使う言葉です。

Javaを生み出した人は、このプログラミング言語を使って、いろいろなプログラムを作れるようにしました。

その中の一つに、Webサーバ(ホームページのファイルを置くサーバ)で動くJavaプログラムがあります。
このJavaプログラムを「Java Servletサーブレット、Servlet)」と言います。

Webコンテナ

このJava Servletさんは、実は単独ではお仕事ができません。
とあるソフトのお世話になって、はじめてお仕事ができます。

その「とあるソフト」を「サーブレットコンテナ」と言います。
そして、サーブレットコンテナの別の呼び名が「Webコンテナ」です。
Webコンテナとサーブレットコンテナは別のものとして扱う人もいるようですが、個人的には同じものと解釈しています。

Java ServletさんはWebコンテナさんの手によって動かされます。

例えば、そうですね。

パソコンさんからJava Servletさんにお仕事の依頼が来たとしましょう。
小難しい言い方をすると「HTTPリクエストが来た」って奴です。

Webコンテナ2

このお仕事の依頼を、まずはWebコンテナさんが受け取ります。
直接Java Servletの元には届きません。
Webコンテナさんが受け取るのです。

Webコンテナ3

そして、WebコンテナさんがJava Servletさんにお仕事をさせます。
「こんな依頼が来たぞ~。働け、働け~」とJava Servletさんの尻を叩くのです。

Webコンテナ4

これが、Webコンテナさんのお仕事です。
実際には、お仕事をさせるJava Servletをメモリ上に展開したり、JSPをJava Servletに変換したり、必要に応じてなんかいろいろとやります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Webコンテナ」って単語が出てきたら「Java Servletを動かすソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク