[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Javaアプレット

pointこの用語のポイント

pointJavaのプログラムだよ

pointWebブラウザ上で動くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Javaアプレットとは

Webブラウザ(ホームページを見るときに使うソフト)上でお仕事をするJavaのプログラム
です。

image piyo

詳しく書くよ

Java(ジャヴァ)プログラミング言語のひとつね。
プログラムの元ネタ(ソースコード)を書くときに使う言葉です。

Javaを生み出した人は、このプログラミング言語を使って、いろいろなプログラムを作れるようにしました。

その中のひとつで、Webブラウザホームページを見るときに使うソフト)で動くJavaプログラムが「Javaアプレット」です。

Javaアプレットは、最初はWebサーバ(ホームページのファイルを置くサーバ)に置いてあります。
それがホームページを見るときにパソコンさんに移動してきて、お仕事自体はパソコンさんの中で行います。
※「サーバ」は「サービスを提供するコンピュータ」ね

Javaアプレット

Javaアプレットは、その性質上、セキュリティ的な制限も多いです。
パソコンに持ってきてお仕事をさせるので、何でもできちゃうと、情報を盗まれたりしかねないですからね。

個人的には、Javaアプレットのお世話になったことはほとんどありません。
はじめて訪れるホームページでJavaアプレットを実行されそうになったら、取りあえず警戒します。
例えば社内システムとかで使うのは良いと思いますが、不特定多数の人が見るホームページでJavaアプレットを採用するのは、なかなか難しいんじゃないかな~と思っています。

あと余談ですが、Javaプログラムの種類には、他に「Javaアプリケーション」や「Java Servlet」などがあります。
余裕があれば、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Javaアプレット」って単語が出てきたら「Webブラウザ上で動くJavaプログラムなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク