[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

グローバルアドレス

pointこの用語のポイント

pointIPアドレスだよ

point全世界で通用するよ

point全世界で一意になるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

グローバルアドレスとは

「グローバルIPアドレス」のこと。
つまり

全世界で通用するネットワーク上の住所
であり

全世界で一意になる、重複しないIPアドレスのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「グローバルIPアドレス」の説明と同じです。既に「グローバルIPアドレス」の説明をご覧になった方は、読んでも意味が無いと思います。

IPアドレスは「コンピュータさん向けのネットワーク上の住所」ね。
通信において、送信先を特定するときに使う情報です。

グローバルアドレス

実はこのIPアドレスには「全世界で通用するIPアドレス」と「仲間内でのみ通用するIPアドレス」の二種類あります。

このうち「全世界で通用するIPアドレス」の方を「グローバルIPアドレス」と言います。
そして、このグローバルIPアドレスの別の表現が「グローバルアドレス」です。
「アドレス」という用語には、メモリのアドレスやメールアドレスMACアドレスなど、いろいろな意味がありますが「グローバル」がくっついていたらIPアドレスのことだと思って構いません。

ちなみに「仲間内でのみ通用するIPアドレス」の方は「プライベートアドレスプライベートIPアドレスローカルIPアドレスローカルアドレス)」と呼ばれます。

例えば、そうですね。

神奈川県ピヨピヨ市ピヨピヨ1丁目1-1にピヨピヨカンパニービルがあったとしましょう。
ピヨピヨカンパニービルはピヨピヨカンパニーの自社ビルです。

グローバルアドレス2

ピヨピヨカンパニービルは1階が受付のおねーさん用のフロア、2階が営業さん用のフロア、3階が経理とか事務の人用のフロア、最上階が社長のピヨ太君専用のフロアになっています。

グローバルアドレス3

このピヨピヨカンパニービルの住所「神奈川県ピヨピヨ市ピヨピヨ1丁目1-1」は世界に一つしかありませんよね。世界中のどこからでも「神奈川県ピヨピヨ市ピヨピヨ1丁目1-1」に荷物を送ればピヨピヨカンパニービルに届きます。
このように全世界で通用する住所がグローバルアドレスです。

一方で、それぞれのフロア「1階の受付のおねーさん用フロア」「2階の営業さん用フロア」「3階の経理とか事務の人用フロア」「最上階の社長専用フロア」と言った言い回しはピヨピヨカンパニー社内であれば通用するでしょう。
「ちょっくら2階の営業さん用フロアに荷物持ってって~」とか言えば社内の人には伝わりますよね。
ですが世界的に見たらどうでしょう。きっと伝わりませんよね。
「『2階の営業さん用フロア』ってどこだよ?」となるでしょうし、2階が営業さん用フロアになっているのはピヨピヨカンパニーだけとは限りません。他にも2階を営業さん用フロアにしている会社はあるでしょう。
このように仲間内でしか通用しない住所(と言うのも変ですが、便宜上「住所」と表現しておきますね)がプライベートアドレスです。

要するに「このIPアドレスの場所に行きたいな~」となったときに、適当に道を歩いている人に訊いても「あぁ、そのIPアドレスの場所ならあそこだよ」と答えてもらえそうなのが、グローバルアドレスです。文字通り「グローバル」で通用します。
適当に道を歩いている人に訊くと「ん?そのIPアドレスの場所はこれっぽっちも知らないなぁ」となりそうなのが、プライベートアドレスです。文字通り「プライベート」でしか通用しません。

グローバルアドレスとプライベートアドレスはセットで覚えてあげてくださいね。
全世界で通用するのがグローバルなIPアドレスで、仲間内でしか通用しないのがプライベートなIPアドレスです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「グローバルアドレス」って単語が出てきたら「全世界で通用するIPアドレスなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク